知ってて損はナイ節約術

お得な100円ショップ利用法

 100均ショップ、昔に比べたら随分グレードが上がって来ましたよね。


 一昔前なんて【やっぱり100円だから】って物が多かったように思うんです。
扱う商品も店構えも随分良くなったと思います。


 『ダイソー』『セリア』『キャンドゥ』『ローソンストア100』など。
うちに近所にも何件かあって、特に用がなくてもフラッと寄ってしまったり。誘惑の宝庫です(笑)


 よく行くのが家から一番近い『ダイソー』なんですが、
ちょっと古い店舗で看板は緑色。少し離れた所に出来たダイソーは看板が赤色。


 これって古い店か新しい店かで違うもんなんでしょうか?
それとも店によってクオリティーの差があるとか?
いつも疑問に思うけど、周りの人でそんな事気にしている人がいないから、
疑問は解決できずじまい。HP見ても載ってないんですよね。


どんな物買いますか??


洗濯物.jpg


 大体買うものは決まっていて、『洗濯ネット』とか『袋入りの飴』とか。


 先日はピンク色と茶色が可愛い『洗濯バサミ』を買いました。
洗濯を干す時にちょっとテンションが上がります。ちょっとウキウキ。


 『ヘアゴム』『ヘアピン』もよく買いますね。
娘がよくなくすし、バザーに出すヘア小物の材料にはうってつけだし。


文具.jpg


 買うものによってお店をかえたりもします。


 文具ならダイソーで雑貨ならセリアとか。




 セリアは手芸材料とか製菓材料なんかも充実しています。
ラッピング材料も結構品揃えが良いと思います。


使い道を考えるのも楽しいですよね??


 手作りのお菓子にちょっと小洒落たラッピングをすると、
友達にプレゼントした時なんかに驚かれたりするのでこっちも嬉しくなっちゃいます。


 手間だけかけたらお金を掛けなくても売ってるもの顔負けに仕上がった時には「ヨッシャ」って。


 ダイソーは事務用品などが充実していて、いつも買うのは『実用的なもの』
仕事で使うものとか、何の飾りもない、可愛くもなんともないものを買ってきます。


 ダイソーにも可愛らしいものがあるんですけど、セリアのセンスのほうが好きなので。
娘もセリア派で息子はダイソー派です。


 旦那さんに「100均で探してきて」って言われたら間違いなく『ダイソー』で、
自分のものを探す時は『セリア』。


 使い分けてます、100均を。


生鮮食料品も売ってます。


コンビニ.jpg
 この間初めて行ってみた『ローソンストア100』は生鮮品が結構充実していたのでビックリ。


 一人暮らしの人に結構便利なんじゃないかなって思いました。


 スーパーで買うより高くついても、あれだけの量なら残りを腐らす心配がないですよね。

 
 コンビニだと思っていたので振込をしようと思ったんですがその機能は無かったです。
ちょっと残念でした。


 置いてある商品が全部100円ではないし、
300円とか500円とかの均一価格でもないのでご注意を。
 値札のチェックはしたほうが良いですよ。


買い過ぎ注意!!


 私が100均で買うものっていうのは、どうしても生活に必要な物と言うよりかは
あったら便利だとか、消耗品であるとか。
1袋にいくつも入っているものとかも買いますね。


 あとはホームセンターで同じようなものが売られているけど使い心地を試すために似たようなものを探してみたり。

 
 でも色んな人のブログに「こんなの良かったですよ」「こんなの便利でしたよ」なんて書かれていたらもうダメ、
試してみないと気が済みません(笑)


 だから『不必要な出費』の部類に入るかもしれません。


100均=安くてお得という訳でもない


 100円均一で売られていると『何でも安い』というイメージがあリますけど、
実際のところ商品によっては、スーパーやドラックストア、ホームセンター等で
100円以下で販売されているものも沢山存在したりします。


小銭.jpg
 昔の百均に比べたら『安物買いの銭失い』では無くなってきたものの、
ここで買えばなんでも安いかといえば違っちゃってたりするんですよねぇ。


 少しでも節約したいと思うならそこら辺はちゃんと吟味しないと。


 ドラックストアだとポイントが還元されたりするから、
よくよく考えてお買い物はした方が良さそうです。


『お楽しみ』があってもいいですよね??


 ちなみに私はあてもなく100均に行くときは、500円までとか最初から金額を設定しておきます。
そうでないと買い物カゴがあっという間にイッパイになってしまうので。


 しょっちゅう行くわけではないし、たまの息抜きは必要経費だと言い訳して
『500円でどれだけいい買い物をするか!』を楽しみます。


 かごから出したり入れたりと忙しいんですけどね。
広いお店だと「あとでもう一回見に来よう」と思っても、それがどこだか分からなくなって諦めてみたり。
やっぱり要らないやってものを元の棚に戻そうとしてお店の中をグルグル回ってみたり。


 お金を使うことよりもそんな事をしている事自体が無駄なんじゃないかと思うんですけど
止められないんですよね、百均巡り。


100均に歴史あり!!


 100均というのは、1985年3月に有限会社ライフの創業者である松林明さんという人が、
愛知県春日井市に日本初の固定店舗による100円均一店をオープンし
「100円ショップ」と命名して販売を開始したのが今の100均の歴史の始まりなんだそうです。


セール.jpg


 それより以前はデパートやスーパーの催し物として、
1週間程度の期間を限った販売形式で(催事販売というそうです)
これを行う業者は「催事業者」と呼ばれ、
催事業者らは全国の各店舗を定期的に巡回して催事販売を行っていたそうです。


 私が子供の頃も近所のスーパーにたまにやってきて、
文房具屋さんで売っているより可愛くて安いけど、
直ぐに書けなくなっちゃうボールペンとかが売られてましたね。


 今から30年以上前の話なんで、間違いなく「安かろう悪かろう」商品の時代です。
祖母におねだりしても「そんなもんあかん」って買ってもらえたことがありませんでした。


上手に利用したいですね


 今も『100円なのに凄いもの』と『100円だからこんなもの』の両方が売ってますけど、
自分で買う時はできるだけ『100円なのに凄いもの』を選ぶようにしています。


 結構な授業料を払ってきてますからね、見る目はバッチリ育ってきました。


 最近のヒットは『ズボン干し』4つのピンチがついていて、
風通しがいいからハンガーにかけて干すよりも早く乾くし、
1つあれば子どものでも大人のでも両方に使える品物です。


 子ども達二人共がスポーツをやっていて、そのユニフォームのズボンの乾きが悪くて
困っていた時に運命的な出会いをしました。


 「100円だし試してみるか」って二人分2本をお買い上げ。


 ホームセンターで似たようなのを見かけたけど100円じゃ買えないし、
もし壊れても100円なら我慢できるかなってかる?い気持ちで買ったんですけど
コレが大ヒット!
 今じゃジーンズまでお世話になってます。


 同じお店に行っても見かけなくなってしまったので、家族の人数分買っておけばよかったなと思ってます。
案外丈夫に出来ていたようで、使い始めて半年ほど経ちますが悪くなりそうな気配は今のところありません。


 ま、そんな大ヒットばっかりでもないですけどね。たまにはヒットもアウトもあります(笑)


たかが100円、されど100円!!


 1つが300円だとチョッと悩むかもしれないけど、
100円で買えるとなれば悩む間もなく買い物カゴ行きじゃないですか?


 100円で買えるアイテムは安くて助かるとも、安いから気をつけたほうがいいとも言えますよね。


 節約の基本は『ムダを省くこと』ですから、
せっかく普段頑張ったってアレもコレもと考えなしに買い物をしてしまっては努力も水の泡。
 本当に必要な物を見極めて、誘惑に負けないように買い物するのが賢い利用法かと。


 100均では数百万個という単位での『一括製造』を行いコストを限界まで下げています。


 なので、定番商品じゃないものが多く、売れちゃったらおしまいなものもたくさん。
『次来た時にはないかも』って消費者の購買意欲をそそってしまうことも多々あります。


 次から次へと新しい商品が置かれていきますからね、
『いつまでもあると思うな・・・』じゃないですけど、縁がなかったと諦めることだって必要です。


 「ないといけないから余分に買っておこう」っていうのは節約を心がける人にはあるまじき姿ですよ。


上手にお得に。


 大量に同じ物が必要な時はお店が取り寄せてくれる時があります。
店員さんに相談してみるといいそうです。


 ただし同じ100均でも直営店とフランチャイズのところがあって、相互の行き来がないこともあったりするので、
近くのお店ではなく遠くのお店まで取りに行かなきゃいけなくなったりすることも。


 以前学校の役員をしていた時にクリアファイルを100冊ほど注文しようとしたら
「取り寄せは出来ますけど、3箇所の100均まで引き取りに行って下さい」と言われ、
その店舗の場所を聞いたらビックリ。


ネット検索.jpg


 家から結構離れたところばかりだったので丁重にお断りして、
文房具屋さんのネットショップを利用しました。


 店舗にある在庫分でまかなえる買い物には便利ですけど、あまりに大量だと対応が難しそうです。


 百均でお得な買い物をするためには日頃からいろんな物を
見る目を養っておく必要があると思います。


 そうでないと「ドラックストアで80円だった」とか悲しい思いをすることになりかねません。


考える3.jpg
 ネットでの口コミなんかを参考にするのも良いと思いますけど、
他人の意見を鵜呑みにするのはオススメできませんね。実際に見て触ってちゃんと確かめて。


 『たかが100円、されど100円』です。


 無駄のないようによーく考えてから100均でのお買い物を楽しみましょう。
くれぐれもゴミだけを増やす事のないように。


<<<前の記事


いい味も出せます!身の回り品を手作りで安く上げてしまおう!


次の記事>>>


本がおいてあるだけじゃないんです"図書館を上手く利用しよう!



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳