知ってて損はナイ節約術

お得に旅行に行く方法は?


 ちょっと前まで旅行といえば旅行代理店に行って手配してもらうか、
ツアーブックを見ながら自分で手配したりするのが普通でしたよね?


 代理店を通すよりも面倒でも自分で全部手配したほうが安くついたりしましたよね。
時刻表を見るのが苦にならない私はそれを見ているだけでちょっとした旅行気分が味わえていたような。
今思えばただの現実逃避なんですけど。


 国内旅行 オリオンツアーを見てもらえると分かってもらえると思うんですが、
最近は高速バスツアーも充実したものが多いですよ。
 価格はもちろんですけど、バスの室内設備もグンと良くなってきています。


ネットで楽々、得々!!


 今は『ネット』を使えばあっという間に予約が出来ちゃいます。
しかも「格安サイト」もいくつかあって、いくつか比較して
できるだけ安く宿泊費を抑えるということも可能です。


ネット検索.jpg
 ビジネスホテル、高級ホテル、旅館などサイトによって
得意なジャンルも違うので、使い分けてみるのも良いですね。


 基本的には早めに予約すると割引がされたりします。いわゆる「早割」
行く日にちが決まっているならササッと予約してしまうほうが良さそうです。



 JRのチケットが1ヶ月前からしか販売されないので電車で行こうとするとその辺の絡みも出てきますが、
車でいけるなら少しでも早くに抑えたほうがお得です。


 「早割」の逆パターンも存在しています。


『割引』してもらえるお得な時期を見極めましょう!


旅館.jpg
 宿泊施設側としてはやっぱり客室を埋めたいわけだから、
ギリギリになると「直前割」みたいなものも出てきます。


 高級旅館にリーズナブルに泊まれたり、
急な出張で泊まるホテルの部屋がワンランクアップ出来たりと
こちらにも十分旨みがあります。


 これは各ホテルのホームページに掲載されていたりしますし、
よく使うホテルのメール会員になっておくと「オトクな情報」がちゃんと貰えます。


『割引』を利用すればおみやげ代も余裕余裕!!


 うちではテーマパークに行く時にいつも同じホテルを利用するんですけど、
先日妹が手配してくれた値段を見てビックリ!!
 倍まではいきませんけど「こんな高かったんやぁ」って値段を請求されていました。


 払ったのは父なのでアリガトウゴサイマースって思って終わってしまいましたけど、
子ども達とは【その分おみやげが買えたよね】って。


 たまにの贅沢もできるだけ安くしたいですもんね。
その為にはどれかを我慢する必要も出てきます。


 最近はスマホでも携帯でもかんたんに予約が出来るんですよね。
宿泊予約サービスサイト「マル得 ホテル予約」ならちょっとした空き時間を使って、
チャッチャッと調べてパパっと手配出来ちゃいます。


交通費も削りたい!!


 泊まるホテルにこだわりたいなら交通費を。
電車でなく新幹線がいいというなら宿泊費を安くしないと
出ていくお金ばかりが嵩んでしまって大変なことになります。


列車.jpg
 「青春18切符」ご存知ですか?昔からありますよね。
電車で遠出するのが苦にならず、時刻表がちゃんと読める人にオススメです。


 私も昔会社の先輩に連れられて利用したことがあるんですけど、
こんな遠くまで行けるんだぁと感激した覚えがあります。


 ただ同じように自分が使えるかといえば絶対無理なのでそれ以降利用したことはありませんけど。


 ちょっと大きくなった子どもと計画を立てて電車旅をするのもいいかもしれませんね。


買う時期、買う場所によって値段が違ってきます!


 金券ショップでは新幹線のチケットが定価よりも安く売られたりしているので
それを利用するのも一つ。
 日にちや使える範囲が決まっていますが条件が合うなら購入して損はありません。


 指定席特急料金は、通常期・繁忙期・閑散期で異なっています


 通常期を基準に繁忙期(3月21日か4月5日、4月28日から5月6日、7月21日から8月31日、
12月25日から1月10日)はプラス200円。


 閑散期(1月16日から2月末日・6月・9月・11月1日から12月20日の期間の月曜日から木曜日
※ただし、祝日及びその前日と振替休日を除く)はマイナス200円です。


 子どもの長期休みに合わせるとどうしても高くなってしまいますが、平日に旅行にいけるなら使えますよね。


新幹線.jpg
 「ひかり」号には片道タイプの割引きっぷもあります。
乗車日の1週間前までの発売なんですけど、座席に限りがあるので早めに手を打つ事も大切です。
 駅弁代が出るくらいは安くなっています。


新幹線の『あるある』


 新幹線って号車によって座席数が違うってご存知でした?
「新幹線の座席表」が簡単に調べられるんですけど、
それを見ると偶数号車は20列あるのに対して奇数号車は17とか18


 そんなに大差ないやんって思われそうですけど、自由席に乗ろうと思ったら少しでも席の多い
偶数号車のところに並んだほうが座れる確率が上がると思うんです。


 もちろん指定席にすればそんな心配は要りませんけど、指定席代だって結構かかりますよね。
自由席で済むなら済ませたいお財布事情を考えると、乗ろうとする乗り物の構造を知っておくのも
結果としてお得につながってきます。


 小さいお子さんが居るならトイレが近い席とかも分かりますよ。
ちなみにトイレがある号車は奇数号車。つまりトイレのスペース分だけ座席数が少なくなるということです。


公共交通機関を見直してみませんか??


 『高速バスツアー』だと、1回乗ってしまえば現地までそのまま連れて行ってくれます。
例えば東京に行く場合、電車を使って行くと「乗り換え』しないといけませんけど、
バスだと乗って寝てしまっても朝にはちゃんと到着しています。楽ですよね。


 検索も予約も簡単なのはサービスとして当たり前ですけど、
高速バス・夜行バスの予約サイト【VIPライナー】なら、東京大阪間で『女性専用車両』があるんだそうです。
 シートもグレードアップされてて、アメニティも充実しているんだそうですよ。魅力的アリじゃないですか??


観光地でよくみる『アレ』も使えます。


 各地方に行くと「ワンデー切符」みたいなものもあります。
駅の窓口で取り扱っていたりするんですけど、電車やバスで使えるもので
観光地であちこち動きまわるなら移動する都度買うよりもずいぶん安く付きます。


バス2.jpg
 昨年子ども達と奈良に旅行した時に使ってみたんですけど、
かなり有意義に使うことが出来ました。


 それのお陰でひと駅分だけバスに乗っちゃうとか【普段だったらもちろん歩きます】
さっき行ったところにもう一回戻ってみようとか【絶対戻りません、いつもなら】


 子ども達はお金を気にせず何度も乗り降りできるのが嬉しかったみたいですし、
私も「1回いくらでしょ?それを何回でしょ?この切符はいくらでしょ?」と
どれだけ元がとれたか計算するのが楽しかったです。


 その手の切符の扱いがあるかどうかは旅行のガイド本などに載っていますので、
本屋さんでリサーチしておくと良いと思います。


お金と時間、どっちを取るか!?


 公共交通機関を利用すると時間の制約がついて回りますけど、
自分の車を使えば駐車場代が発生しますよね。


 私は田舎に住んでいるのでココらへんの駐車料金と都会の駐車料金の差に驚くばかりです。
駐車場の数だって少ないし、へんぴな所に駐車場があったりもします。


 知らない土地って景色が一緒に見えたりするので駐車場に入れたその場所をちゃんと覚えてられる自信もありません。
【あー楽しかった、ところで車はどこ?】ってなるのが目に見えています。
観光している間でも、駐車場を探して迷子になっている間にも料金は加算されていきますよね(泣)


 それもあって、うちでは子どもが小さい時から旅行は電車やバスを使っています。


小さい子だって頑張れば!(親の根気が必要です)


 小さい子ども連れって周りの迷惑にならない?って友達に聞かれたことがあるんですけど、
迷惑にならない乗り方を教えれば良いんです。


 楽しいことのためならちゃんと出来ますよ、子どもだって。


 教えるこっちの根気がいるだけの話なんですけど、一緒に旅行にいけるのも小さいうちだけ。
ちょっと頑張って思い出作りをしてみませんか?


愛情.jpg
 公共交通機関を使うということは「CO2削減」にも効果的。地球にも優しいですよね。





『安く行ける方法』は探せばどんどん出てきます!


 格安サイトを上手に利用して、公共交通機関を使えばお財布にも環境にも優しい旅行が実現します。


 飛行機を使う海外旅行も国内旅行も時期を考えたりすれば、普通に行くより安く出来ますし。
「安く上げる方法」は、探せばいくらでも出てくるものかもしれません。


 空港近くのお得な駐車場を探すなら楽楽パーキングシステムが良いですよ。簡単に検索できて、予約もラクラクです。


 サイトを調べる間にも『妄想旅行』ができて楽しかったりします。
旅行会社に頼むより節約になる、自分で手配する格安旅行を一度は体験してもらいたいなと思います。




<<<前の記事


ちょっとでも・・・車にかかるお金を少しでも安くあげるには?



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳