知ってて損はナイ節約術

赤ちゃんのいるご家庭にオススメの節約技

赤ちゃん.jpg


 赤ちゃんって無条件で可愛いですよね。
育てている時は向き合っている時間が長く感じてしまっていたけど、
今となっては『可愛いだけの時期は短かったなぁ』一瞬で過ぎちゃった時間ですね。


 赤ちゃんは小さいけれど、1人前にお金がかかります
母乳なら食費は暫くかかりませんが、身の回り品で結構お金がかかります。




赤ちゃんの出費といえば!!


 オムツにおしりふき、ダントツはこの2つですかね?


 布おむつも最初に作る分を除けば洗えば何度でも使えるけれど、毎日の洗濯が結構大変だったりします。

 
 私も上の子の時にチャレンジしましたけど、11月生まれだったので
年が明けてチョットした頃には挫折してましたね。乾かなくって。


 下の子の時は、押し入れから出で来もしませんでした(笑)
暫くたってから雑巾にしてしまって全てお役目御免となりました。


オムツとおしりふき


 育児雑誌を読むと『布おむつ』の良さに心惹かれてしまう人も居ると思います【実際私もそうでしたから】


 子どもの感覚機能の成長や親子のスキンシップ、ゴミの減量って考えたらコレ以上のものはないって思えますからね。


 ただ使い捨てでない以上手間がかかります。
お天気が悪いからって言って赤ちゃんがオムツを汚さずにいてくれることはないですから。


オムツ.jpg


 紙おむつがあれだけ浸透しているのはやはり『手間』の問題が大きいからだと思うんです。


 もし布おむつをチャレンジしようと思うなら、『レンタルオムツ』っていう方法がありますよ。
回収も洗濯もしてもらえます。自分は使いっぱなしでいいんです。


 コレなら布おむつの敬遠される理由の手間から大きく解放されますよね。
もし迷っているなら一度試してみる価値はあると思います。


高いお金を払う必要って??


 紙おむつも赤ちゃんの皮膚の問題がなければ安いものでいいと思うんです。
どうせ捨てちゃうんです、少しでも安いもののほうが家計も助かります。こまめに取り替えられますよね?


 なかには某ブランドのチョッとお高めおむつを使って、
ウンチさえしてなければなかなかおむつを替えないなんてビックリするような事をするお母さんがいたりします。

 
 高いから、頻繁に替えるともったいないしって。

 
 だったらワンランク下げたらどう?って思うんですけど。
気持ち悪いって喋れない赤ちゃんが可哀想です。

 

高い=イイもの、安心なモノってことでもない。


 『安いオムツ=おむつかぶれ』ってイメージがあるかもしれませんけど、
今のオムツって低価格のものでも随分品質は向上しています。


 おむつかぶれって使ってるオムツが悪いんじゃなくて、お尻が蒸れた状況がいけないんであって、
一番の原因がオムツ替えを頻繁にしないお母さんだってこと分かってない人多いですよね。


赤ちゃん2.jpg


 赤ちゃんのおむつかぶれを使ってるオムツのせいにする。
違うんですよ、安いオムツを使っていてもおむつかぶれをさせないお母さんもいるし、
高くて高性能って言われるオムツを使っていてもおむつかぶれをさせてしまうお母さんもいる。
 お母さん次第なんですよ。


 おしりふきもそうです。高いからイイってものではないし。
肌質の問題もありますけど、ガーゼを水で湿らせて拭いたって別に問題はないんですから。

 
 パック入りのおしりふきのいいところは使い勝手がいいという点で、
ガーゼは使い勝手がイマイチでも、掛かるお金は最小限で出るゴミだって
少なく済ませられます。


お金をかけてゴミを増やしてる??


 赤ちゃん用品も『便利』な所にお金がかかると思うんです。


 布おむつより紙おむつなど使い捨てに出来るものは便利。
でもお金もかかるし出るゴミだって増えていきます。


 家にいる時と外出する時とで使い分ければ、掛かるお金も抑えることが出来ます。


 赤ちゃんも『気持ち悪い』って分かるほうが、結果として早くおむつが外れたりもします。


 環境問題のこともあるし、お財布事情と絡めて使い分けを考えてみませんか?


小さいけど高いですよね、洋服も


 赤ちゃんってすぐに大きくなりますよね。


ベビー服.jpg


 すぐに肌着や洋服が着られなくなる。兄弟・姉妹間でお古を着回すのはもちろん、
仲の良いお友達どうしでお古を回すっていうのも被服費を抑えるのに大いに役立ちます。


 知らないところからお古が回ってくるよりは、知っているところからもらう方が
安心感もありませんか?


 赤ちゃんの服って小さいのに値段は一人前ですよね。
あっという間に大きくなってしまう赤ちゃんに上質な物を与えるのは余裕があるならいいですけど、
一般家庭では不経済だと思います。


大人服と同じ感覚で買っていると・・・


 バーゲンを利用するといっても来シーズンの子どものサイズって見当付きますか?
その子その子によって成長は違うし、見極めを間違えると着ないままの服も出てきます。もったいないですよね。


 ワンシーズンしか着られないのが暫く続きますから、
可愛いからってあれもコレも買っていると大変なことになりますよ。


 兄弟・姉妹を持つ予定があるなら『いかにもどっち』な色やデザインを選ばないとかの工夫も必要です。


 最近はバーゲンもシーズン前だったりするので前もって買っておこうとかしておく必要もないと思います。


おもちゃだってお金がかかりますよね・・・・


 『おもちゃ』も喜ぶからとついつい買い与えてしまいますけど、
これは安いものを幾つかよりかは、良い物を少しだけ与えるほうが良いと思います。


 木でできたおもちゃやレゴなどのブロックのように、
長いこと使えるものなら最初に高いお金を払っても十分に元も取れます


積み木.jpg


 安いからといってどんどん与えると『物を大事にできない子』に育ってしまいます。
お金をかけてそんな子を育てても仕方ないですよね。本も図書館で借りたりすればたくさん買い与えずに済みますよ。


 寝ているだけの時期を過ぎてしまえばあっという間にハイハイして立って歩いたりと行動範囲も広がります。
ある程度の時期をカバーできる、長く遊べたりする物を選ぶのもポイントです。


離乳食だって!!


 離乳食も避けて通れない道ですよね。
便利なフリーズドライやレトルトパックのものも出ていますけどこれらに頼りすぎるのはどうかと思います。

 
 買うと高いですよね。まず問題はそこです。
たしかに離乳食は手間はかかるし、料理が嫌いな人には面倒以外の何物でもないかもしれません。


 作ったものを残されたりこぼされたりしたらガッカリですし。
出来れば買って済ませたいって気持ちもわからなくもない。


 でも毎回市販品で済ませていたらどうなると思いますか?
まずは作りするよりずっと余分にお金がかかります


 じゃあ安売りのでってなると、材料のこととか安全面なんかも気になります。
いつも同じ物を選んでしまっては赤ちゃんが口に入れられる食品が限られて、好き嫌いを作る原因にもなります。


離乳食.jpg


 経験がないものは食べられなかったりするし、赤ちゃんのうちは味覚がとても発達するので
色んな素材の味を教えてあげることはとても大切です。


困るのは赤ちゃんだけじゃないですよ。


 いろんな味を知らずに好き嫌いの多い子どもに育つと、
その先苦労するのはご飯を作るお母さんであり、
偏食に育つと将来苦労するのは子どもです。


 離乳食期の1年弱を苦労するか?その先何十年を苦労するか??

               どっちを選びますか???

 


 もちろん市販品を全く利用しちゃいけないなんて言いません。


 外出した時には便利ですし、何が起こるかわからない時代ですから、
赤ちゃんがいる家庭なら防災グッズに入れておくのもありだと思います。


 色んな種類があるのでメニューに行き詰まったらヒントが得られるし、
塩分など味付けの参考にもなります。
 

 頼りすぎなければ家計も圧迫しないので、上手に利用しましょう。


上手に手作り!


 離乳食を手作りする場合は
チマチマ作ると大変なので何回か分を一気に作って、小分けにして冷凍し、要る時に解凍して使います。


 100均で製氷皿が売っているので、コレで凍らせて凍ったものを保存袋に入れて冷凍すればササッと用意できますよ。


 だし汁や野菜をマッシュしたもの、おかゆや柔らかく茹でたうどんなど。
1つずつが小さいからまるでおままごとみたいですけど、いくつか用意してあるのと無いのとでは
特に忙しい時や気分が乗らない時に差が出ます。


 いつも元気でやる気満々な日ばかりじゃないですから。
赤ちゃんのために手作りをって言うだけじゃなくて、そんな日の自分のための保険でもあります。


将来への備えも・・・


 赤ちゃんが出来ると『学資保険』『こども保険』なんかも考えますよね。


 今の時代貯蓄性の高い商品は期待できませんので、掛け捨て型を選ぶのが賢明です。
『こども保険』も『死亡保障』は高い必要はないですよね?


 どの保証を厚くするかはご両親の考え方でしょうけれど、
子どもに養ってもらってるわけじゃないから最低限でいいと思うんですよね。


 そのかわり『お友達を怪我させた』とか『物を壊した』とか。近い将来ソッチの方が大事になったりしないかと・・・・


いざというときに用意が出来ればいいですけど・・・


 学資保険も昔のように高金利ではなくなっていますけど、
いざ進学というときにまとまったお金を用意できる自信がない方は入っておいたほうが良いと思います。


 小さいうちから入っておいたほうが負担が小さく始められます。
(おっきいお腹で郵便局に行くと勧められたりします。時間のあるうちにじっくり説明を聞くことも為になりますよ。
産んだあとではドタバタしちゃって時期を逃しちゃうこともあります)


 出産祝いなどで貰ったお金なんかも、赤ちゃん用品を買ってしまうよりも
コチラに使ったほうが賢いかもしれません。


 関連記事・・・『子供の教育費について』


払える時に払ってしまうというテもある。


 もし手元にまとまったお金があるのなら一括払いという手もあります。


 コレなら毎月払いやそれよりちょっとお得な年払なんかよりも、遥かに少ない金額で済ませることが出来ます。
 

 もちろん途中解約も出来ますからどうしても必要な時は崩すことも出来るし、
掛ける年数が18年と長いので、掛けていたことを忘れてしまっていたら満額受け取ることが出来ちゃいます。


入学式.jpg


 小学校卒業時と中学卒業時にお祝い金などが出たりするので、
必要な物を買い揃えるのにも役に立ちます。


 使わなければ別で貯金しておけばいいんですから。




小さい時こそ『貯金』です!


 
赤ちゃんに掛かるお金は出来るだけセーブしたほうが良いと思います。


 可愛い服を着せたい、不自由を感じさせたくないって湯水のようにお金をかけて育てるのも
出来る人ならいいかと思いますけど。


 そんな人ばかりじゃないし、この先の世の中、どうなっていくかも見当が付きません。


 何が起こるかわからない時代です。


 どんな事が起きても生きて行かないといけない日がやってくるかもしれません。
そんな時にコレは食べられない、こんな服は着られないじゃ生きていけませんよね。


 親として子どもにしてあげられることは
最低限の生活を守ること、生きてく上で困らない知識を伝え、経験をさせること。


 そして負の遺産を残さないことじゃないかと私は思います。


可愛い時が過ぎるのは早いですよ。


子育て.jpg


 赤ちゃんとの生活もお母さん一人で頑張り過ぎないで、
便利なものを上手に利用して出来るものは手作りをして。


 リラックスすることも大事ですよ。どうしても息が詰まったりしちゃいますから。
体にやさしいハーブティー40種類からお試し3種類♪(1種類で平均して7〜8杯)
送料込みで1,000円
や、自分にあったリラックス法を幾つか用意しておくのも
大切だと思います。


 その時期しか出来ないことを親子で楽しんでみるのはどうでしょう?


<<<前の記事


親としての責任!?子供の教育費について


次の記事>>>


いい味も出せます!身の回り品を手作りで安く上げてしまおう!



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳