知ってて損はナイ節約術

子供の教育費について

 子どもの教育費のイメージってどうですか?


教育費.jpg


 「1人あたり大学卒業まで◯千万円」って
ものすごく莫大なお金のかかる大変なものって感じですよね。
 正直なところ、私もそう思っています。


 うちには2人の子どもがいるので、正直やっていけるのかどうか心配だったりしています。


 上の娘が中学に上がりこの先ググっとお金がかかり出すんだなと思うとチョッとドキドキ。
その二年後には息子が追いかけていくんですから、ここからあと何年かは大変になるんだろうな、
引き締めていかなきゃなと思ってはいるんですけど・・・


どれくらいかかるか・・・気になりますよね?


 「教育費」は、一般的に「子ども一人につき1000万円」などと言われています。


 これは幼稚園から大学までの平均的な費用ですが、
習い事も塾も何もなしで、すべて国公立一筋で進めば、
幼稚園から大学まで進んでももう少し安くなる計算になります。


 親側の金銭面からいうと『すべて公立に通ってほしい』と計画していても、
思うように進学していけないことだってありますよね。


お金3.jpg


 子どもの学力だけでなく、行きたい学校が公立にない場合そういう選択も有り得ます。
そう考えると、『子ども一人に教育費1000万円』というのは、
想定しておくべき現実的な金額かもしれません。


 もちろんそれ以上に用意出来れば心配いらないし、
用意できないからといって悲観することもありません。


一度に払うわけじゃないけど、決して安くはない金額です。

 
 それでも『1000万円なんて!!』ですよね。
宝くじでも当たれば全然楽勝ですけど、そんな額の貯金なんてしたことないし、見たこともない(笑)


 子どもが生まれた瞬間にそれだけが要るわけじゃないけれど
「用意できます」って簡単に言い切れる金額じゃないですよね。


必要になるタイミングは、みんなそれぞれです。


 教育資金というのは、マイホームのように一度に沢山のお金が必要になるわけではありません。
分散して少しずつ支払っていくものなので、貯めるスピードもゆっくりで大丈夫。
子どもが進学するタイミングは、その子が生まれた瞬間にしかわかりません。


 だからこそ必要な時までに計画的に貯めていくことは大切なことだし、そうすれば可能なのです。


学校に塾に習い事に・・・・


幼稚園児.jpg


 よく聞きませんか?子どもが小さいうちが貯めどきだって。
本当にそうだと思います。



 うちの子が小さかった頃には言われてもピンと来ませんでしたが、
中学生になってからそう思うようになりましたね。


『塾代』・・・かかりますよね。


 うちの子達は塾には行っていなくて、通信教育のみなので塾の月謝に比べたらずいぶん安くついています。
娘のお友達のなかには中学生になってから塾を2つに増やして、通信教育もという子もいたりするらしく、
「どんなお金持ちなんだろうね」「どうやって時間やりくりするんやろ?」って娘と二人、感心しきりです。


 毎月結構な出費ですよね。当の本人はイヤイヤ行っているらしので、
お母さんが聞いたら切ないんじゃないかと思いますけどね。親の気持子知らずですね。あ、子の心親知らずかな?


 単純に計算して、その家庭とうちとでは月々2万円以上(塾の分)教育費が違うということに。
年間24万円、中学卒業までには72万円。
夏期講習なんかの特別口座まで考えたら100万円近い差が出てきます。


 うちはそこで「安くついたわぁ」って喜んでるんじゃなくて、その分をちゃんと残しておかないといけないんですけどね。
うっかり使ってるような・・・まずいな。


選り取りみどりの選びたい放題!?


習い事2.jpg


 習い事も塾だけでなく、英会話にピアノにダンス、
サッカーにスイミングなどよりどりみどり。


 いろんな物を体験させて一番あったものをやらせると良いって言いますけど、
色々させるだけでも道具代やら何やらで初期投資がかなりかかりますよね。


 子どもの希望を叶えてあげるのも大事ですけど、全部を叶えるなんて大変ですよね。
子どもの事なので、ずっと続けていけるなんて確証はないですよね。


 うちの場合は『やりたい』って言い出してからそれが半年以上続かないとOKしなかったので、
熱烈アピールしてやれることになった習い事は4年以上続けていましたね。


 『辞めたい』って言った時もあっさりと。
結構上の級まで進んでいたので勿体無いやんって旦那は言ってましたけど、
ヤル気のない習い事に月謝を払うなんてあり得ない。


 常々子ども達には「ヤル気のない人に払う無駄なお金はないよ」って言ってあります。
だってそうじゃないですか?パートで働いて1時間いくらかの時給で一生懸命働いたお金を、
子どものためとはいえドブに捨てることなんてしたくはない。


ヤル気のない習い事への出費って・・・要りますか?


 たまには自分だけのために使っちゃいたくないですか?
私は使いたいです。頑張ってる自分へのご褒美欲しいですもん。


 厳しいようですが、うちの子たちには小さい時から「うちはうち、よそはよそ」って言って育ててきました。
なので、うちがビンボーだと思って育ってしまったようなんですが(笑)普通ですよ。


 沢山持っているわけではないけど、困っているわけでもない。


 いざって時に必要なお金が出せるように不要な出費を抑えているだけなので、
「おもちゃ欲しいな」「漫画欲しいな」のリクエストはスルーしますけど、
「部活で要るものがあるんだけど」「学校の教材でコレが要るんだけど」っていうリクエストにはちゃんと答えています。


 必要な物が持てずに学校に行かすのはさすがにチョット可哀想なので。


子供用に貯金ってしてますか?


 そういえばうちでは毎月子ども達に支給される『児童手当』を全額貯金しています。


子供用貯金.jpg


 特に「貯金してやろう」って思って始めたわけじゃなくて、
たまたま使っていない通帳に振り込まれるように設定してみたら、
1年経ったらまとまった金額になっていたっていうのが始まりなんですけど。


 これだと生活費に使われてしまうことはないし、忘れた頃に記帳すれば「わーぉ」って金額に成長していたりします。



 今も二人分が振り込まれているんですけど、その残高は生活費用の通帳なんかと比べものにならなくて。
結構な額になってきました。


もらえるお金は貯め残ししましょう!


 学資保険なんかの他に更に貯金してみようと思うと結構大変だったりすると思うんですけど、
こうやってタダで貰えるお金をどっかでプールしといてあげられると、
イザって言う時の強い味方になると思います。


 毎月5千円でも年間6万円。5千円なんてあっという間に使えちゃうけど
6万円貯金しようと思ったらそんなに簡単じゃないですよね?


 地域によって支給期間や支給額に違いがありますが、義務教育中毎月5000円ずつもらっていたら
中学を卒業する頃には90万円にもなるんですよ。大きくないですか?
少しずつでもコツコツ貯めていく事は大事ですね。


 関連記事・・・『気づいたら貯まってたなんて方法はある?』


お金の話もしたほうが良いですよ。


 小さいうちからお金の大切さを説いていくのも大切じゃないですか?
お金って湧いて出てくるもんじゃないし、打出の小槌のような財布なんて実在しないですからね。


 お父さんやお母さんが頑張って働いているからお金が入ってくるんだってこと、
小さいうちに教えておけば自然と理解するでしょうし。
雑誌でもその道の偉い先生が言ってました。「子どもに家計のことを話すのは大事だ」って。


 【送料無料】年収300万円時代、子どもの教育費はこうしなさい!みたいな本を読んで、
ちょこっと勉強しておくのも良いと思います。
  

資金不足を補う味方は??


 教育資金不足を補うためには、教育ローン(国の教育ローン、金融機関の教育ローン)
奨学金の利用も視野に入れるといいですね。


 奨学金は子どもが借りて子どもが返すものです。


 入学金などに利用できるものもあったり、地域で独自に扱う奨学金では地域で決められた年数を働けば
返済が不要になるものもあるらしいのですが、
何と言っても子ども自身が「お金を借りて(または援助してもらい)学校に通っている」と思えることで、
学業に責任を持つようになれるのではないかと思います。


通帳2.jpg


 そこって大事ですよね?誰のために、何のために必要なのか。
自分のためのお金を自分で工面したら頑張りそうじゃないですか?
親のお金ならたまにはサボるかもしれないけど自分で出せば
1円だって無駄にしたくないもんですよね?


 たまに見かける大学生の子で、『何し大学に行ってんの?』って子もいるし。
親に行かせてもらってるっていうのをどう思ってるの?って
聞いてみたいなって思っちゃうような子も結構見かけたりします。


 社会人になった時に学歴は大事だから、大学ぐらいは出ておかないとってうちの旦那は言うんですけど、
近い将来うちの子達が『取り敢えず言っておこうかな』みたいな態度でいるなら私は間違いなく反対すると思います。


 「ドブに捨てるお金はありません」って、バッサリ(笑)


意味あるお金の使い方を!


 目的のない進学って意味がわからないし、時間も無駄じゃないかと。
大卒だからというだけで使える人間になるとも思えません。


 その大学にやりたいことがある、就きたい仕事につくためにその学部のある大学を選ぶ。
そんな子になって欲しいと思っています。


 いや、そうならないとうちの場合大学進学はないかもしれない(笑)ナイな、多分。


教育資金を準備したら終わり。じゃない!!


 限度を超えて教育費をかけることは親の老後資金を蝕んでしまいます。


 子どもの教育費はもちろん大事な問題ですけど、自分達の老後資金って大事な事じゃないですか?
一昔前の世代だと『掛けてあげた教育費のリターンとして老後の面倒を子どもに見?てもらう』
なんて考えも普通にあったと思いますけど、今はどうですか?


ふあんな老後.jpg


 自分達の生活で手一杯で親の生活の面倒まで見ている人どれくらいいるでしょうか?
逆に親世代の資金援助を受けている若い世代がどんどん増えているって話だって聞きますよね。
家のローンを援助してもらうとか、よくある話です。


 ということは、親は老後に子どもを当てにはできないということです。
下手するとスネだけかじられて終わってしまうっていうことだって
ナイ話じゃなさそうです。


 だったら自分達の老後資金はちゃんと用意をしておかないと。


 子どもを一人前に育てあげたらハイおしまいって人生は嫌じゃないですか?


現実的には・・・


 子どもの教育費も大事ですけど、自分達のことだってちゃんと考えておかないと。
【送料無料】荻原式老後のマネー戦略のような本を何冊か読んで出来ることから始めてみたほうが良いかもしれません。
 あっという間に年はとってしまうもんですよね。


 親も子も自立していくために、教育費は現実的に考えておかないといけない問題です。
こう出来たら、ああ出来たらっていう理想論ではなくて
『現実的にここまでなら出来る』っていう現実論で考えておかないといけません。


 もちろん夢を持つのは大事ですけど、夢だけ語っていたって何ともなりませんからね。


なんとなくでは貯まりません!


 ただなんとなく貯金するのではなく、
『将来必要となると予想される金額を見定めて、そこから逆算して毎月貯金するべき金額を定める』など、
親として子どもを応援するための資金を調達するには攻めの姿勢が大事かもしれません。


 その先ずっと攻めつづけていたら、自分達の老後も多少は安心かもしれないし。


 教育費は長い間掛けて必要になっていくものなので、一気に貯めようとか短期決戦だなんて思わないで、
気負わずゆっくりコツコツと準備をしてきましょう。


 それでも間に合わなければほかの手段も検討できると考えて、気持ちにゆとりを持たせましょう。
もちろん他の手段の選択肢が多いに越したことはないので、
早いうちからどんな方法があるのか情報収集しておくことは忘れずに。


子どもの話も聞いてみましょう。


おやこで会話.jpg


 それよりも大事なのは当の本人達が何をどうしたいと思っているかを知ることです。


 子ども達の持っている夢を実現するには何をどうしたら良いのか、
小さいうちから将来の夢の話をたくさんしておくのもきっと大事だと思います。


 お互いにそれを実現するためには努力も準備も必要ですからね。


<<<前の記事


よく聞きますよね?ネットスーパーって?


次の記事>>>


小さい時が貯めどきです。赤ちゃんのいるご家庭にオススメの節約技



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳