一人暮らしの節約術

学費、自己投資編

 学費・・・・かかりますよね。

お金2.jpg
 うちには中学生と小学生しかいませんが、
この春中学に上がった娘の月謝は小学校の時よりも月額で3000円近くアップ。


 制服とか部活用具なんかの支払いで、
多くの諭吉さんとさよならしたばかりの私にはショックな現実。


 先日の懇談会では今後修学旅行の積立金などで
学年が上がるほど月謝はどんどん高くなっていくと聞き更にショック!!


 コレが高校に上がってとかだともっとかかってくるし、
その先なんてもっとかかるんですよね?


 【手がかからなくなる分、お金がかかるよ】って言っていた年上の友人の言葉が
だんだん現実味を帯びてきました。


子どもの成長にともなって出費も成長!?


 手をかけたらお金がかからずに済むという年齢はどうらや通り越してしまったみたい。
成長は嬉しいですけど、出費の成長はちっとも嬉しくないですよね。


 子供達には言ってあります。
『うちにはお金がないから公立の高校しか月謝払えないからね。
勉強する気がない子に使うお金は一銭もないから、あとは自分で働いて自立してね』って。
 鬼ですよね(笑)


勉強.jpg
 でも彼らの仕事は勉強すること。
私もパートですけど頑張って働いていますから、一緒に頑張っていかないと!!
そのせいか新しい教材を買ったりするときにはいつも「これは高いけど大丈夫?」
と気を使わせてしまっています。


 それがいいのか悪いのか分かりませんが、大事に使ってくれているようです。


 その気持ちを持ってくれただけでも良かったかなと思うんですが。


学費・・・・かかりますよね?


学校.jpg
 ずっと公立で進んでいく場合と、ずっと私立で進んでいく場合では
かかるお金にものすごい差が出るといいますが・・・


 同じ公立でも塾に行っていたりいなかったりで差は出てきますし、
行く学校によっても差があります。


 これは本人がと言うよりかは親の考え方で随分差が出てくると思います。




 私立に行っても塾通いをさせなければ、公立校で高い塾に入れるより安くつくっていう話も聞きますしね。


『奨学金』というありがたいものもある!


スポーツマン.jpg
 例えば大学に進学するなら奨学金を利用するとか。
運動が飛び抜けて出来るならスポーツ推薦を受けるとかすれば学費免除になったりしますよね。


 勉強の成績がいい人にも学費免除や将来就職してから返済して行けるシステムなど、
学費に関して親孝行なシステムを持つ学校も増えています。


 もちろんその親孝行システムを使うには、
進学する本人の努力と実力がなければ権利を勝ち取ることが出来ません。


頭いい.jpg
 子供の仕事は勉強することですからね、頑張らないと。


 うちでは【ずっと勉強を頑張ってやっても死ぬことはないよ】って言ってあります。
ちょっと宿題が多いだけで死んじゃうーとかいうので(笑)


 『勉強沢山やったから死にそー』なんて言うほど頑張っている時もあったりしますが、
それは宿題の締め切りが間に合わないとかテスト前とかそんな時だけで。


 しかも死にそうな気配は全くありません。ピンピンしています。


それぞれに出来る努力を・・・


 自分の努力次第で奨学金制度などが使えれば、
その分を見込んでいた分を他の勉強や経験値を増やすための資金として使うことが出来ますよね?
親の負担が減るだけでなくて。


 義務教育は親が果たす義務だとは思いますが、
その先はいくら親がお金を出すからと言っても本人の自覚や努力がなければタダの無駄使いに。


 そんな事のために一生懸命働いているんじゃなーい!!って言いたくもなります。
こればっかりは自分が親にならないと分からないことなんですけどね。


 普通に進学した場合でも「留年しないで卒業する」のが基本ですね。
このご時世、就職浪人ならまだしも【出来ればストレートに行って欲しいですけど】
留年したら学費も生活費も余計にかかるし。


 単位が足りなかったっていうのは自分の努力不足ですよね?
みんなが単位を落とすわけじゃないんだし。
この先社会に出ても努力していくことはずっとついて回るんですから、
努力しないでいちいち逃げているわけにも、ずっと逃げ続けるなんてことも出来ないですよ。
やることはきちんとやって期限内に修めないと。


ちょっとした工夫が結構大事!!


古本屋.jpg
 専門書とかも新品ではなく中古を探すとか、
ちょっとした節約の努力をするだけでも違ってきます。
このところの不況で古本屋さんも忙しいみたいですよ。
少しでも安く買いたいと思う人が大勢いるってことですよね。


 なけなしのお金をはたいて買ったものなら大事にするだろうし、
今の若い人達に限らず多くの人が物を大事にしないので、
それを避けるためにも勉強に必要な物なんかは自分で手に入れることをオススメします。


 自己投資・・・学生生活を送ること自体がそうなんじゃないかと思ってしまいますが、
若いうちに自分に投資するのは大切なことです。
家庭を持ったりしたら自己投資に回せるお金は出てきません。
【もちろん若いうちの貯金がへそくりとして残っていたら話は別ですけど】


人生の幅も広がる『経験値』


 いろいろな経験をしておくというのは、その先『自分の引き出し』をたくさん持つためには必要なことなんですよ。
楽しいことだけじゃなくて悲しいことや辛かったことなんかの全てをひっくるめてその人の経験値になるので。


 旅行や買い物なんかの楽しくお金を使うことだけじゃないですよ。
それはどちらかと言うとご褒美。


 ご褒美と自分の引き出しを増やす経験値は別物じゃないかと思います。


ボランティア.jpg
 例えばボランティアに参加するとか。


 英会話を始めとする外国語を習ったりお金についての勉強会に参加するとか。



 今の自分にはすぐに必要ないけれど、知ってて損はないんじゃないかってことの知識を身につけるんです。


『自由に使える時間』にも限りがあります。


 学生が忙しいといっても、社会人ほどではないですよね?
自由にできる時間をモテる最後の時だと思えば、貪欲にチャレンジしたくなりませんか?

アルバイト.jpg
 もちろんそれには元手がかかります。


 ソコはバイトをしたり節約して頑張ってひねり出すとして。
今しかできない経験を沢山積んで欲しいと思うし、
それが今しかない!!って学生さんには知ってて欲しいなぁと思います。




一人暮らしの社会人の人の自己投資


 自炊しながら働くということ自体がもう立派な自己投資になるんじゃないかと思います。
『体験』や『経験』って結局は自分の財産になリます。
やったことのない人だって大勢いるんですから。
その経験は貴重です。


 いい歳こいて自分の身の回りのこともろくに出来ないなんてあり得ないですよ、残念すぎます。


 習い事なんかも家庭を持ったりしたらまずムリなので【時間もお金も】
やろうかどうか迷っているなら今のうちに是非。自分の視野も世界も広げてくれます。


 旅行に行ったりブランド品を買ったりすることなんかはどちらかと言うとご褒美のニオイがしますが、
知らない場所を見聞きする経験も、ブランド品を持つために何かしらの努力をすることも
大きな意味では自己投資。


 普段頑張っているならご褒美も欲しいですしね。


 その為には日々の生活を贅沢しないで、ある程度は節約なんかをしながら予算を取れるようにしましょう。
今手元にないのは『お金』かもしれませんが、年をとっていくと『時間』もなくなります。
両方ないと頑張ってみようという気力も出てきません。


幾つになっても『何かしてみたい!』って気持は大事。


 40になった私の場合、なにか勉強してみようかな?と思っても、
まずやりきる自信があるのか?から始まって掛かる費用の問題、
そして仕事と家事と育児を絡めた時間の問題が出て来て大抵『今は無理だな』と諦めてしまいます。


ガッツポーズ2.jpg




 そんな私ですが実は勉強してみたいことがあって。



 でもそれは下の子が高校を卒業して
私の時間が本当の意味で自由に使えるようになってから実行しようと、
今は少しずつ学費に出来ればと小銭を貯めています。



 何年か後、気持ちが変わってないとは言い切れないけど、
何かをしたいって思う気持ちはいつまでも持っていたいですね。
 



『若いうちの苦労は買ってでもしろ!!』です。


 若いうちなら頑張りも利くはずです。多少の無理も利くでしょう?
時間も体力もある。そんな時期は逃しちゃいけダメですって。
時間は戻らないですよ。


 タイムマシーンなんてないですから。


 結婚する前にもっと色々やっておけばよかったなと後悔している派の私としては、
後悔のないようにして欲しいなと思います。


 ちょっと頑張って今しかできない、
自分のためにしかならないことをする贅沢を味わってください。
自分のためだけって所が最大の贅沢ですよ。


 家族のある主婦なんてそんなモノ、とおの昔にどっかに置いて来ちゃいましたから。
ありえないですよ、自分第一って。四人家族なら常に4番目ですからね・・・・


 自分のやりたい事をする為に頑張ろうって思えれば節約もつまずく事なく頑張れると思います。
やりたい事をするにはお金が要ります。とにかく要らないところにお金は回さないことです。


<<<前の記事


そもそも・・・家計簿って?

次の記事>>>


憧れの一人暮らしも出費過多の原因!?住居編



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳