貯蓄に結びつく節約術

家計簿って?

かけいぼ.jpg


  家計簿とは家庭の収支を記録するための帳簿のことで、
家計における『現金出納帳』の役割りを果たす物です。


 収支を記録することを「家計簿をつける」と言ったりしますよね。





 サザエさんものび太くんのお母さんも【今月も赤字だわ・・・】
なんて家計簿らしきものをつけながらつぶやくシーン、結構ありますよね。


 家計簿=お母さんが電卓片手に頭を悩ませる物ってイメージが。


 実際私も付けてはいますが【付けてはため息】がいつものパターン。


何が分かる??


 家計簿は家計の収支を記録するものなので、それぞれの家庭のお金の動きがよくわかります。
普段何気なくつけていてもあとから見直すと『何に必要以上のお金を使ったか?』がしっかり浮き出てきます。


 「節約」は無駄を省いて行くのが基本なので、【家計の無駄】を洗いだせる家計簿はマストアイテム!
でもその反面経験者のうち三割ほどが今はやっていないという結果が。


 三割のうち【家計の状況が把握できたからやめた】と言う人はごく僅かで、
【面倒くさくなってやめた】という挫折者が大多数と言う残念なもの。


いそがしい.jpg
 専業主婦と有職主婦でも付けている、付けていないの差が。
やはり時間に余裕のない有職主婦の家計簿記帳率は専業主婦のそれより大きく下回り、
付けられない原因のダントツ一番は【時間がない】なんだそうです。
 分かる気もします。


 どちらの主婦も忙しいですよね。一日中バタバタと。
【時間がある時にやろう】なんて思っていてもそんな時間は無理やり作らないとやって来ないし。
ちょっと時間があったらボケーッとしたりしたいですよね。


『いつか・・』はいつ??


 いつかいつかと思っていてもレシートばかりが溜まっていってしまい、
それを見ただけで心が折れてしまうことだってありますよね。


 家計簿を付ける形態には色々あって、紙で記帳(ノートや市販の冊子を使用)したり、
パソコンで記帳(表計算ソフトや家計簿ソフト、ウェブ家計簿を利用)するもの。
最近は携帯電話やスマートホンで記帳(ケータイサイトや、アプリを利用)出来たりもします。


 色々ありすぎて悩みそうですが、逆に言えば「自分に合うものを探しやすい」ということにもなりますよね。
選択肢が多いほうがコレがダメなら次はこれっていくつかチャレンジしやすいし。
一度ダメで諦めて終わってしまうと、もうその先が広がっていかないですからね。


まずは付けてみましょう!!

 


 「自分ちの家計の状況を把握する」と言う目的遂行のために、まずはアクションを起こさないと。


 付けなくても家計が把握できるならばムリにやる必要はないと思いますが、
家計簿に「家計」だけを記入するんじゃなくて例えば春先だったら「固定資産税の支払い」とか
「車の税金支払い」「お中元の手配」など、年間通じての忘れちゃならない用事を書き込んでおいて
忘れないようにするのも「家計簿をつける」きっかけにもなると思います。


 携帯やスマホのアラーム機能と連動させておけばうっかり忘れも防ぐことが出来ますよね。


『見える化』してしまう。


 赤字が出ている、無駄な部分はここだという結果が出て来れば気にして対策を練ろうとしますよね。
体重が増えた→ダイエットしよう!みたいな感じで(笑)
(家計簿つけはレコーディングダイエットに似ているとも言われるんですよ。
取り敢えず全部書き出せ!見つめなおせ!みたいなやり方をする所が)


かけいぼ2.jpg
 目に見えていなかった部分、見ないようにしていた部分に目を向けることが
『節約に直結する』ので、まずは取り敢えずやってみませんか?家計簿つけを。


<<<前の記事


イロイロあります!!家計簿の種類


次の記事>>>


お金はかかりますよね・・・学費、自己投資編



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳