貯蓄に結びつく節約術

家計簿の付け方

 家計簿を付けるのは「お金の流れがわかるようにするため」なので、
付けていけばソコはちゃんと見えてきます。
なので堅苦しい決まりなんてありません


 強いて言えば「続けること!」コレしかありませんね(笑)


パンダ.jpg
 よく言うじゃないですか『継続は力なり』って。
家計簿はまさにそれですよ。


 家計簿だけじゃなくて続けときゃよかったってこと山ほどありますけど・・・私にも。




長続きさせる秘策・・・その1


 つける費目を事細かに分けないのも長続きさせる秘訣なんだそうです。
もちろん分けたほうが状況把握には役立ちますが、嫌になってしまう確率も上がります。
まずは長続きさせること!


 「食費」「雑費」くらいにざっくり分けてしまうのはどうですか?
生活していく上で掛かる費用といえば「食べることに関する支出」「それ以外の支出」位のような気がするんですけど。
【ホントにざっくりでスミマセン。一応私もA型なんですけどね(笑)】


 野菜を買ってもお菓子を買っても、外食をしても取り敢えず口に入る物の出費は「食費」


 子供の学用品を買っても自分の化粧品を買っても、旦那のスーツをクリーニングに出しても「雑費」


悩む猿.jpg
 それくらいなら「これはどの出費?」って悩まずに仕分けできますよね。
レシート見ながら【う?んこれはどれ?】って悩むの嫌じゃないですか?
1枚や2枚のレシートならともかく何枚もあったりすると毎回その仕分け作業があるかと思うだけで
ヤル気もダウンですよね。


慣れてきてからガッツリやるほうが・・・


 もちろん慣れてきたり、きっちり分けたいのであれば
「雑費」を「子供費」「日用品費」「クリーニング費」
なんて風に個別に分けるとさらに分かりやすくなるし、
「この時期にここにお金がかかるな」って分かってくるので出費に備えることも出来るようになります。


 費目を分けるとお金の動きがよく分かリますが、面倒というリスクも
【それが原因で止めちゃう人多いです、残念ながら】
リスクに打ち勝つ自信が持てるようになってから分けることをオススメしたいですね。


長続きさせる秘策・・・その2


時間.jpg
 家計簿をつける時間を決めると良いって聞きました。
『暇な時につけよう』では暇な時間が出来ないとつける時間は出来ないから
レシートだけが増えていってしまい、少しの時間で処理ができない状態にならないとも限りません。


 だいたい暇な時ってそんな事に気も向かないと思うんです。


 『朝起きてすぐ』『寝る前』『子供が勉強している時』『買い物をから帰ったらすぐ』など。
自分なりに時間を決めて習慣にしてしまうのが一番です。


 可愛い文具を使うのも・・・(女性のための多色ボールペン)4色ペンテル・カレンテンション上がりませんか??


書き込んで、反省会して・・・


 私は買い物から帰ったら直ぐにレシートを財布から出して家計簿に書き込んで、
用の済んだレシートはさっさとゴミ箱行きにします。
一応この時にレシートを見返して「あ、コレいらんかったかも・・・」とその時だけの反省会もします。
その時だけなので同じ事の繰り返しなんですけど(笑)


ぶた.jpg
 先日もレシートを見返すと、買い物リストに書いていった物の倍くらいの
「いらんかったかな?」をお買い上げ。


 どうも【その日限りのお買い得】とかいう言葉に弱くて。
売る方からしたらその日限りはその日だけじゃないかもしれないのに。
逃しちゃいけない気になっちゃうんですよね。いいお客さんですよね。いい鴨っていうんでしょうか?


 もちろん反省はするのでサッサと下処理をしたり冷凍したりしてダメにすることなく食べきったり、
「◯◯は暫く買わなくてOK」って冷蔵庫にメモをベタンと貼り付けたりして
すぐに同じ事を繰り返さない努力はしています。


 私の場合は買い物の後にすぐに取り掛かることで短時間で済ませられるし、
もし何枚か溜めたり、まとめてやるとなると反省の回数も時間も長くなって、
自分が嫌になっちゃいそうなので。


 買い物をして帰宅したらまずは取り敢えず家計簿付けです。


 財布にレシートがパンパンに入っているのは金運を下げるし良くないって、
どっかの風水の先生がテレビで言ってたし、家について一息ついちゃうとそのまま一息つき続けてしまうので(笑)


財布.jpg
 ささっと処理しているのでいつもレシートは財布に残ってない状態です。
残念ながら金運が上がっている気配は全く感じられませんけどね・・・
財布が要らないものでパンパンに膨らんでいることはないので、
財布のルックスだけは人前に出しても恥ずかしくない状態です。


つけたら?その後は??


 あとですね、せっかく家計簿をつけても付けっぱなしにしておいてはもったいないんですよ。


 独身の人ならお金の動きが見えてきて「貯金」がどれくらい出来るかとか分かってきますよね。
食費が浮いた分とか、家計簿をつけるようになったらお金の動きが気になるようになって無駄遣いしなくなったりとか。


旅行.jpg
 そしたらそれを有意義に使う方法を考えないと。
ただ貯めるだけでは楽しくないし。
今しか経験できないことなんかにお金を使えるようにプランを立てると楽しくなりませんか?


 目的を持って貯金できるようになることにも家計簿は役立ちます


家族を巻き込んでしまいましょう!


 家族のある人なら毎月の収支をパートナーに見てもらうといいんですよ。
一人で節約節約ってしてたってストレスはたまるし、一家の現状を知ってもらうべき。


家族旅行.jpg
 家族旅行なんかのイベントに使うお金をひねり出すためにも節約は必要だし、
一人で努力するよりみんなで努力するほうが効果は大きい


 うちでは月末に食費の浮いた分を千円単位で貯金箱に入れています。
年末にパーっと焼肉に行こうと子供達と約束してあって。
いつも焼肉に行く時は私が頭の中でなんとなく計算して、その中でおさまるように注文するんですけど、
そうじゃない焼肉に行けたらいいねと。


 どんだけ貯金箱をいっぱいにしないといけないのか分かりませんが(笑)
目標がある彼らは節約に協力的です。


 我が家の家計簿はざっくりなので食費も「どこでいくら買った」しか書いてありませんが、
月初めと月末では買いに行くお店が違うので、どこで買うと安くあげられるっていうことは家計簿を見て分かります。


 書くことに慣れてきたら「どこで買うと安い」とか「何曜日はここが安い」なんてことも
メモ程度に記しておくと便利ですよ。ただ頭の中で覚えておくよりも書いたり入力したりした方が
ちゃんと覚えていられるので、日々の買い物も無駄が減らせると思います。


アナログな『書き込む』という作業の効果。


 「入力」よりも「書く」方が記憶するという面では良いそうですよ。
私自身も去年までパソコンにエクセルを使って自作の家計簿をつけていました。


 「手書きするといい」ってなんかの雑誌で読んだのですが、その理由なんかは深く考えずに
今年はあえて手書きする方法を選んでみました・・・・・


 入力していた時よりもササッと取り掛かれるだけじゃなくて、書くことによって反省したり考えたりするんですよ。
パソコンだと考えてる間もなく結果の数字が出てくるので「ふーん」って感じで済んできたことも、
自分でやっていると書きながら考えるんでしょうね。


 「あ、使いすぎた」とか。計算も電卓を使って自分ですることになるので、
パソコンでササッと計算された数字を見ていた時よりも数字の重みが違う気がするんです。


 ちょっとのことなんですけど、頭を使っているような気も(笑)


続けることに意味がある。


 家計簿は付ける人それぞれのルールで、やりやすい方法(アナログでもデジタルでも)を選んで、
長いこと続ける事が何よりも大切。


かけいぼ2.jpg
 特別な難しいルールもないので自分流を楽しみませんか?
家計の動きを把握したから止めてしまうというのはもったいないですよ。
少なくとも把握できるまでの何ヶ月は付けられたということは、
挫折しないで続けられたということなんですから。



 挫折してしまう人が沢山いる中でやり続けたっていうのは凄いことですよ。


 『節約』にもつながってくる家計簿、今年もあと半年ちょっと。
1年と思うと長いですけど半年だけやってみるのってどうですか?


<<<前の記事


出来るかな??家計簿にチャレンジしてみましょう!


次の記事>>>


イロイロあります!!家計簿の種類



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳