貯蓄に結びつく節約術

家計簿にチャレンジしてみましょう!

 節約をするにはやはりお金の流れが見えていないと成果も解りにくいし、
どこに無駄があるのかも分かりませんよね。


ヒント.jpg
 初めてチャレンジするのであれば、細かいことをきっちりさせると言うよりは、
ざっくりと流れが見える程度から始めてみるのが良いと思います。


 まずは面倒くさいかも、嫌かもってところに行っちゃわないようにするのが大切です。
面倒だと思ったらやらなくなっちゃいますよね。それでは何にもならないので。



 家計簿ソフトとかありますけど、挫折するといけないので
まずはノートとかに書き込むアナログ家計簿をオススメしたいと思います。


 もちろん無料でダウンロードできるものもあるので、それを利用するのも良いですね。


 とにかく最初に家計簿に先行投資はしないほうが良いと思います。
考えたくはないんですけど、もしも挫折したら先行投資した分はすべて無駄になっちゃいますから。


実際にやってみましょう!


 今の時期だと雑誌の付録に家計簿がついてくることはないので、
家にあるノートかなんかに線を引いて『自己流家計簿』を作ってしまいましょう。
(無料ソフトやアプリを探すのもアリです)


家計簿2.jpg
 市販の家計簿に書かれている項目は
食費、衣服、住居、保険、生活用品、娯楽、交際、教育、医療、交通、水道・光熱、税金など。


 結構事細かに分かれていて、全部をきちんと書けたらお金の動きが一目瞭然で、
どこをどう削ったりすれば良いのかすぐに分かって節約効果も簡単に上がりそうですが・・・・・


だめ.jpgのサムネイル画像



 こんなに細かいと挫折してしまいそうです。【私にはムリですね】





はじめは大胆に!



 もっと大雑把にやってみませんか?「まずは書くことを習慣にする」のを最大の目的にして。
 いきなり全体を管理しようとするより、出来る範囲を広げていくほうがやりやすくないですか?


 まずは手元のお財布から出ていくお金を管理するところから。
項目としては食費、衣服、生活用品、医療、娯楽、交際など。


袋分け.jpgのサムネイル画像
 いちいち銀行からお金を下ろして支払わないものテ。


 節約という観点から行くと、銀行からお金を下ろす回数は少ないほうがいいんですよ。
月に一度まとめて下ろして、費用ごとに分けてしまうといいそうです。


 袋分けとかありますし。もちろん財布の中で分けてしまってもOK。
財布がいくつもあるなら財布自体を分けるのもありですよね。


 足りないからとチョコチョコ下ろすようでは間違いなく残高が足らなくなります。
それは避けたいですよね・・・・


 毎日買い物に行く人なら食費は毎日つけることになります。
でもトマトがいくら、パンがいくらとか一つづつ細かいことをつけるのはもっと先にして、
「◯◯スーパーでいくら」みたいな買った場所と金額だけが分かるように書くところから始めます。


 慣れてきたら野菜でいくらとか魚でいくらとか。
細かくつけるのはいつだって出来ます。
まずは書き続けることが大前提!はじめは限りなく大雑把に。


自分のペースで。まずは書ければOKとしましょう!


 毎日書くのが面倒だったら1週間に一回決めた日に記入するのも良いでしょう。
ただしレシートは無くさないように。
財布の中で書く日まで温めておくか、何か入れ物を用意してそこに保管しておくか・・・


 あんまり溜まると邪魔だし、嫌になって捨てる可能性も出てくるので要注意ですよ。
やたら使途不明金が出てきます。それじゃちょっと意味が無い。


 私は基本週に1度しか買い物に行かないので、手間も1度で済みます。
たった一回の手間なのにいつも「◯◯スーパーで◯◯円」しか書いてません。
だから続いているんだと思うんですけど(笑)


逆転の発想も悪くない。


節約.jpgのサムネイル画像

 書くのが面倒なら買い物に行く回数を減らすっていう逆転の発想もありますね!
最低限の買い物で乗り切るのは節約にもなりますし。


 他の生活用品、衣服などの費用は毎日動くものではないので、
全部をまとめて「雑費」として管理して、内容だけ何だったか分かるようにしておきます。


 何を買ったかさえ分かれば月に何度もおんなじ物を買っていたのかとかも見えてきちゃいます。
無駄使いが何なのかも。


 そうすると気をつけようって気分になりませんか?


 家計簿つけになれてきて、『よし!行ける!!って思ったり、やっぱりソフトを使って手軽にと思う方は
こちらはどうでしょう?家計管理をもっと賢く!楽しく!利用者の声に応えてさらに使いやすく進化!【送料無料】【送料無料】 コーパス らくらく家計簿ゆとりちゃん8 Win/CD【Joshinは平成20/22年度製品安全対策優良企業 連続受賞・プライバシーマーク取得企業】ファイ...など。探すとたくさん出てきます。


 よりどりみどりで迷っちゃいそうですね。


通帳、有効活用してますか?


 住居や保険などは毎月決まった額が出ていきますよね?
光熱費とかも季節によって差が出たりするけどそんなに毎月大きく変動するものでもありません。


 たいてい「口座引落」で通帳に記帳されるので、家計簿につけて二重で管理するのは面倒臭い。
【もちろん面倒でない方はきちんと記録したほうがいいに決まってますので書くことをオススメします】
 いくら出ていっているのかを毎月通帳をチェックすればいいやくらいのところから始めて、
順を追って余分に貯め残しができるようになっていけば良いと思います。


銀行通帳.jpgのサムネイル画像
 通帳にはきっちり記帳されてますからね。
銀行毎で書かれ方はまちまちですけど、親切なサービスだと思います。
アレに直接書き込んでいっても1年のお金の動きがよくわかりますよ。




 私はピンチの時におろしたりする時に「なんのために下ろしたのか」がわかるように書き込んでます。
余分な出費は敵ですからね、赤字でしっかり書き込んでます。
赤い文字が連なる通帳にはしたくないんですけどね。結構赤い文字がポツリポツリと・・・・・


自分一人じゃ頑張れません!


 節約するとなると一人暮らしの場合を除いて家族の協力を得られないと出来ませんよね。
でもお金の動きも分かっていないと、どこに無駄があるのか、どこなら削れるのかが全くわからない。


 家計簿を付けなくても家計に余裕のある人も大勢みえるだろうと思うし、
多分付けてなくても困らないものだとは思うんですけど、
自分の生活を見つめてみるという気持ちで家計簿付けしてみませんか?


 書くことに億劫がらずに続けられたら、大雑把に分けていた費目を細かくしたり、
予算を設定して実際はどうだったか等の収支をちゃんと出してみたり。


 もちろん家族の出来事や評判の良かったメニューなんかも書いたりして
「生活日記」みたいに使うのも良いと思います。


家族シルエット.jpgのサムネイル画像
 先の震災をきっかけに、自分の生活を見直す人も増えているそうです。
いつ何が起こるかわからないから、その日その日をていねいに暮らそうっていう風潮も出てきています。


 家計簿をつけること自体にはソコまで大それた意味もありませんが、
家計簿をつけて暮らしを見直すっていうことは
ていねいに暮らすことにつながってくる
と思います。
 もちろん節約にも。


<<<前の記事


どんな時に??申請したら貰えるお金はどんなものがある?


次の記事>>>


やってみましょう!家計簿の付け方



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳