光熱費を節約するワザ

労力、電力のムダなし掃除術

ほうき.jpg
 掃除機が普及していなかった昔だったら『掃除する時の電力』なんて気にならなかったと思います。


 ホウキとチリトリを使ってゴミを集め、床は雑巾で拭きあげる。十分きれいになリますよ。



 うちでは平日はペーパーモップでザーッと床を拭き上げ、週末に掃除機を使って掃除をします。


 子供も大きくなったので、小さい頃のように【砂場でも作るのか?】ってほどポケットに砂が入っていて
家の中じゅう砂まみれになることもなくなったし、家に着く前に靴裏の泥を払ってくるというテクニックを覚えてからは
玄関がジャリジャリすることも減りました。


 毎日毎日掃除機をかけなくても大丈夫になってきたので、
電気代と私の体力の節約のため掃除機は週一に。


どんなモップを使ってますか??


モップがけ.jpg
 普段はドライタイプのペーパーモップを使っていますが、
これからの梅雨時期や夏が来て暑くなるとなんとなく普段よりも足の匂いや汗、
ベタつきが気になるので、ウエットタイプのペーパーに交換していきます。



 某有名メーカーのペーパーはそれこそ生地がしっかりしているから両面しっかり使い切ることが出来ます。
今日は表、明日は裏というように。
ドライタイプはそれでいけますが、ウエットタイプだと翌日にはすっかり乾いてしまい、
拭き取れないことは無くても、水拭きをしたようなサッパリ感はありません。


 どうせ使ったら捨ててしまうものだからと、最近はホームセンターやスーパーで扱っている
お手頃価格のPP商品のペーパーを片っ端から試しています。


 値段候のものもありますが、中にはお値段以上の【ニトリのCMみたい】使い心地のものもあります。
どこで買ったのかわからなくなるので、いつも目新しいものを見つけて買ってきたら
ペンで買ったお店の名前を書いてます(笑)


雑巾がけもあなどれません!


エクササイズ.jpg
 雑巾がけは一生懸命やればエクササイズにもなリます。
しっかり腕の力を使って床を拭けば、二の腕のタプタプした振袖が小さくなったりもします。
足腰にもいい運動になりますよ。
これから薄着になって、隠れていた腕を出す機会も増えることですから。
タダで鍛えられたりするって考えたら楽しくなりませんか?




ちゃんと掃除をしてたら電気代はかさんでしまう?


 掃除機を使う場合、使う電力を減らすためには使う時間を減らすのが一番手っ取り早い方法です。
我が家が掃除機をかける回数を減らしたのはそれも目的の一つ。


 回数を減らしたら電気代の請求額が気持ち減ってましたから。
朝出勤前にバタバタと掃除機をかけたり、夜ご近所の迷惑を気にしながら毎日掃除機をかけていた時に比べると
ストレスも減って、体力的にも楽になりました。節約できたのは電気代だけじゃなかったんです。


 回数を減らすことだけでなく、かけ方にも工夫する点はいくつかあります。


準備万端で始めましょう!


 まずは掛ける前の準備として
1・室内の小物など移動できるモノは移動して、掃除機をかける場所の整理整頓を。
床が物に散乱していてはどけるたびに時間のロスになります。
この時にスイッチを入れたままやろうもんなら無駄な電気代がそのたびに掛かってしまうことになります。


換気.jpg
2・作業中のホコリの飛散や拡散予防のためにも、窓を開けるなどの換気対策を。
開けられる窓は全部開けて空気の入れ替えはしっかりしましょう。後のサッパリ感が全然違います。
一般的な家庭用掃除機は、水などの液体を吸い込むと故障の原因となってしまうので、
床が濡れていたら必ず拭きとってから掃除機をかけましょう。


慌てず、焦らず。


掃除機掛け2.jpg
 電気代を考えると急いで掛けてしまいたいところですが、
掃除機を素早くかけるとほこりが舞い上がり、吸い取られる間もなく掃除機が通り過ぎてしまい、
その後に再び落ちてきます。
コレじゃキレイにしたつもりでも後で見たら【あれ?ホコリが・・・】となってしまいます。


 焦る気持ちを抑えて、掃除機はゆっくりとかけましょう。


 残念ながら掃除機は力をこめてかけた所で、吸引力には差はありません。
優しくかけたほうがギュッギュと力を込めてかけた時よりも取れるゴミの量が多いんだそうです。


 肩の力を抜いて掃除をしたほうが部屋もキレイになるということですね。


後ろも注意!


 掃除機の後ろからふき出る排気の勢いって結構なものがありますよね。
出てくる排気の勢いが強いので、床のほこりが室内に舞い上がってしまい、
空気中のほこりの濃度が10倍近くに上昇することもあるんだそうです。
と、言うことはこれから掃除をしていく方向に排気口が向いていたらじゃんじゃんホコリを舞い上げることに。
どれだけ掃除してもホコリが取りきれないという状況になります。


 必ず排気口側は掃除のかけ終わったほうに向けておいてください。


 そして何度も言いますが掃除の際はしっかり換気をすることをお忘れなく。


家族の健康も守れる??


 掃除機はダニ退治にも効果的なんだそうです。
掃除機の吸引時のスピードは200km以上。これは新幹線並みのスピードです。


ダニ.jpgのサムネイル画像
 吸引されたダニはノズル内の壁に強烈なスピードで叩きつけられ、
その98%以上が衝突死【痛さが分からないくらいの速さなんでしょうね・・・】
残りの2%もフィルターパック内で乾燥して死滅するそうです。



 ダニは卵から1週間ほどでかえるので、週2回のペースで掃除機をかければ、
ダニの繁殖を大きく抑えることができるんだそうです。


 我が家も掃除機掛けを週2にしようかなぁ。


ちょっとした工夫次第で格段の差が!!


 場所毎でちょっとした掛け方のコツがあります。


 フローリング・・部屋の端や角、家具の周り等の隙間に汚れがたまりやすいので、
その部分には掃除機のノズルを細口ノズルに変えるなどして、しっかり汚れを吸い取ります。


カーペット.jpg
 カーペット・・カーペットの毛は踏みつぶされて倒れていることが多いのですが、
その下に汚れが入り込んでいます。掃除機をかけるときは倒れている毛を起こすように、
毛の向きをよく見て掃除機をかけると奥に潜んでいたゴミもキャッチすることが出来ます。


 たたみ・・畳一畳分をおよそ8往復ぐらいで、一往復に5から6秒以上かけてゆっくりかけると良いそうです。
畳と畳の間および部屋の角と畳の間などにも汚れがたまりやすいので、
細口ノズルやブラシノズルなどを使用して汚れを吸い取ると更にゴミがよく取れます。


 畳の目に添ってかけるのは基本中の基本。せっかくキレイに掃除できても畳を痛めてしまっては元も子もありませんよ。


掃除機だってキレイでいたい!


 そして掃除機本体のメンテナンスも忘れずに。
外せるフィルターは外して、水洗いできるものは水洗いをして
そうでないものは歯ブラシなどで擦ってゴミを取り除きます。


 ヘッドに絡まった髪の毛や糸くずは、手で取りきれなければはさみで切ったりして
ヘッドから取り除きます。
(このあとに中性洗剤または弱アルカリ性洗剤などで拭き、固く絞った雑巾で清めぶきをしておけたら尚更良いかと)


 紙パック式でもサイクロン式でも集めたゴミが溜まりすぎることがないように。
どちらの場合もゴミの溜まり過ぎは吸引力低下の原因に。
特に紙パックは本体から直接見えないので忘れられがち。気をつけましょう。


貯金箱.jpg
 掛ける前の準備と、かけ方のちょっとした工夫。
そして掃除機本体をちゃんとメンテナンスをしていけば
今までよりもちょっと電気代がお得になる掃除機掛けが出来るようになります。


 毎日掃除機をかけているなら方なら特に効果は出やすいんじゃないでしょうか?


 私は雑巾がけと併用して、お財布にも二の腕にも効果のあるお掃除をしていきたいと思います。
腕が細くなる分お財布が膨らんでく、ものすごいポジティブなイメージをもって(笑)


<<<前の記事


見直しましょう!労力、電力のムダなし洗濯術


次の記事>>>


ホントのところは??省エネ家電の実力



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳