光熱費を節約するワザ

寒い冬を突破するぞ『上手な暖房器具の使い方編』

さむい.jpg 
 エアコン、石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、電気ストーブ、
石油ストーブ、オイルヒーター、ホットカーペットにこたつなど、
寒くなると登場する暖房器具の種類は豊富に揃っています。


エアコンのように電気だけで動くもの、
ストーブのように石油だけで電源を必要としないもの、
ファンヒーターのように石油(ガス)も電源も必要とするものと必要となる熱源もいろいろ。


 買おうとするときにはどれにしようか迷うし、
どんな使い方が一番得なのかも気になりますよね。




まずはエアコンについて


エアコン3.jpg


 電気を使用する暖房は、ガスファンヒーターや石油(灯油)ファンヒーターなどと比較すると、
暖房効果に対してコストが割高になるというのがいままでの常識でした。


 ところが地球温暖化の問題が重視されるようになって、
各家電メーカーがエアコンの開発に力を入れた結果、
省エネ性能が格段に向上してきました。


 現状では最新型の省エネ型エアコン暖房が最もランニングコストが低いようなんですよ。


 1台で冷房も暖房も出来るし、しまう場所も特に必要ないから便利といえば便利。
火を使わないので火災の心配も少ないですよね。


 ただしランニングコストが低いのは「最新型」という条件付きな上、
密閉度の低い住宅ではエアコン暖房が非効率になる場合があります。


 スポット的に暖める、また急速に暖めたい場合などにも最適とは言えません。
もちろん使う時の温度や風量の設定や使用時間の長さによってもコストは大きく変化します。


じゃあストーブは?


ストーブ.jpg
 ストーブは灯油さえあれば家でも外でも使えます
不思議なもので、あの炎の赤い色を見るだけでも暖かくなるような気がしたりしませんか?


 安全面や臭いが気になるという方も多いようですが、
最近の石油ストーブは技術が進化して安全性が非常に高まっており、
石油を入れる際も手を汚さずに給油ができるモデルが増えてます。


 気になる臭い対策としては、構造の見直しをしてみたり、
臭いを吸い取るファンをつけたりといったように絶えずストーブの開発や見直しがされています。
他の暖房器具同様に使い勝手が進化しているんです。


 石油ストーブって上部にやかんを乗せたりしませんか?
(機種によっては禁じているものもありますし、それを加湿器がわりにと思うのはよろしくないそうです)
 他の暖房器具でお湯が沸かせたりするものってないですよね?一石二鳥な部分もあります。


 うちではよく焼き芋や、百均で餅網を買ってきて餅を焼くことも(笑)
焦げ付くと臭うので、割とキレイに掃除しながら一冬を越します。


 ストーブには空気を循環させる力はないので、
暖かい空気を循環させるためにファンを一緒に使うのも効率良く部屋を暖めるのに有効です。


灯油の取り扱いにご用心!


木枯らし.jpgのサムネイル画像
 ストーブを使えば空気を汚しますから換気しながら使わないといけません。
部屋の温度を常に一定に保つのは難しく、灯油を買ってきて家まで運ぶという重労働も
もれなく付いてきます。



 せっかく買ってきた灯油は使い切れなかった分は夏を越すと変質します。
ベランダにおいてあるポリタンクでもストーブ本体に残っている灯油も同じように変質し、
それを使うとストーブを傷めたり、部屋の空気を必要以上に汚します。


 冬の終わりには灯油を買う量を調節するなど(セルフのガソリンスタンドだと1リットル単位で買えちゃいます)
夏を越さずに済ませられる工夫を。


 うちでは春先の雨の日なんかに一部屋閉めきってストーブを焚いて洗濯物を乾かしたりして使いきってしまいます。


 シーズンオフには中身をすっかりカラにして、芯の手入れや本体の掃除をちゃんとして
ホコリが被らないようにして次の冬へ待機させましょう。


ストーブ2.jpg
 先の大震災以降、ストーブが随分と見直されましたよね。
停電しても暖が取れるというのは凄いですよね。
エアコンしかない世界ならひたすら電気の復旧を待つか、寒いのを我慢するか。
昔からあって今も使われている道具にはそれなりの理由があるんだと実感しました。


ガスファンヒーターはどうでしょう?

 


あさ.jpg
 ガスも電源も必要としますが、即座に部屋を温めることが出来ます。
立ち上がりが早いのがファンヒーターの特徴です。


 寒い朝なんてありがたいですよね。



 ガス栓とファンヒーターをガスコードで接続するだけでいつでも使えます。
燃料の買い置きも、春先に燃料が余ってもったいないということもありません。
燃料切れや心配も、燃料補給の手間もかかりません。


 ただしプロパンガスは、一般的に都市ガスよりガス代が高い場合が多いこと、
接続しているコードの長さの範囲でしか移動が出来ない点が難点かもしれません。


 石油ファンヒーターもガスファンヒーターのように素早く部屋を温めてくれます。
灯油の価格が上がっていなければガスファンヒーターよりもランニングコストは低くなります。


 ただし原油価格が高騰している年では灯油も電気も使う暖房法はお財布には優しくないですね。
灯油が切れてもストーブと同じように使えなくなりますし、停電時はエアコンのように動かなくなります。


加湿器併用も効果アリです


風邪.jpg
 冬になると風邪が流行ったりしますよね。
空気の乾燥がその原因の一つなんですが、乾燥を防ぐ加湿は風邪予防に効果があるだけではなく、
暖房する時に併用するといいってよく知られていますよね。
 

 乾燥した空気より湿度の高い空気のほうが暖かく感じられます。
梅雨時にムワンとした暑さを感じるのは湿気が原因なんですが、
それを逆手に取って加湿しながら暖房すれば必要以上に暖房器具に頼らなくても良くなります。


 洗濯物を部屋干ししながらエアコンを使えば加湿器をわざわざ動かさないでも効果はありますし、
洗濯物も乾いて一石二鳥。洗濯を吊るしたくらいでは適正な湿度にはならないという話も聞きますが、
それならば洗濯物が乾いてから加湿器を運転させてはどうでしょう?


 加湿し過ぎると結露やカビの原因になると言われますが、し過ぎなければいいだけの事ですよね?

加湿.jpg
上手に使えば暖房効果や風邪予防などに役立つ加湿器、使わない手はありません。
アロマオイルを一緒に使えるタイプのものだとリラックス効果も期待できますよ。


他の暖房器具は?


 ここ最近見直されているのが「こたつ」や「ホットカーペット」。
熱源を直接接触させて温かさを得るタイプの暖房器具で、こたつなんて昔からありますよね。


 こたつ自体の形も昔のものと比べたら進化していますが、
「こたつ布団」の進化がすごいらしいですよ。


こたつ.jpg
 昔のこたつ布団のイメージといえば【大きくて重たい、自宅で洗えないもの】
みかんの汁やら食べカスなんかをつけては「洗えないんだから」って
よく親に怒られたりしたんですよね・・・



 今時のこたつ布団は敷いたり片づけたりするスペースも最小限で済み、
汚れ防止処理がされていたりおうちクリーニング可であったりと、一昔前と比べて随分便利に、コンパクトになりました。


 保温機能が良くなったりもしているんですよ。
保温性が高いこたつ布団なら、ずっと電源を入れていなくてもスイッチを切っても
暫くは暖かさが続くので節電にもなりますよね。


 もし新しいものを新調しようというのであれば、デザインだけでなく機能の方もぜひチェックを。


ホットカーペットもいいですね。


ホットカーペット.jpg
 ホットカーペットも一昔前の1枚まるまる加温するタイプから、
スポット加温できるタイプに進化していたり、デザインもコジャレたものなんかも出ています。
 部屋の雰囲気に合わせて選ぶのも楽しそうですよね。


 室内で使うペット用のホットカーペットも出てるんですよね。
うちにはペットがいないし、実家で飼っていた犬は外で飼っていたので今は違うんだなぁとビックリしたんですけど。
たいていは電源コード付きで、カバーは防汚加工がしてあってもちろん汚れをサッと洗えたりするんですけど、
そのホットカーペットの中でも電源を使わないものもあるんです。


 これって上手く利用すれば、平日の日中に家で自分のためだけに電気代を使わなくても
済んだりするんじゃないかと思うんですが。お尻だけ暖かくしておいて、上着を着こめば
少し寒いくらいならNO暖房で過ごせそうです。


お得な使い方。


 ホットカーペットの電気代も使い方によって変わってきます。
温度の調節と暖める面積の調整をこまめに行う事が大切です。


 フローリングの場合は、ホットカーペットの下にカーペットを敷くだけでもかなりの節約になります。
温度をなるべく逃がさない、という配慮がホットカーペットの電気代を節約する1番の近道。


 保温効果の面だけでなく、ホットカーペット対応のフローリングでない場合だと
ホットカーペットの熱でフローリングを痛めてしまう可能性もあるのでそれを回避するためにも
ホットカーペットとフローリングの間に断熱性のあるシートやカーペットを敷くのも良いでしょう。
要は、ホットカーペットの熱が直接フローリングに伝わらなければ良いわけです。


 こたつの敷布団の下に断熱性のあるシートを敷いておくのも効果的ですよ。
こんな感じの保温シート・アルミシート・防災グッズ【送料無料(沖縄・一部の離島除く)】省エネポカポカシー...


 暖房器具を使うときにはいかに保温できるかで電気代のかかり方に大きな差が出てきます。
方式の違うものを必要に応じてメインにサブにと
組み合わせたり、併用して効率的な暖房を行なうのが省エネのコツです。


 もちろんシーズン前の点検と、シーズンオフのお手入れも忘れずに


<<<前の記事


工夫次第で!!寒い冬を突破するぞ『なるべくお金をかけずに暖まるぞ編』




節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳