光熱費を節約するワザ

無駄はない?『お風呂の巻』

入浴.jpg
 お風呂好きな人、多いですよね?


 私は『カラスの行水派』なので、ほとんど長湯をすることはありませんが、
疲れていてもそうでなくても、毎日湯船には使っています。
ちゃんとお風呂で一日の汚れを落としてから寝たいんですよね・・・・
 

 お風呂に浸かるとどんな効果があるかちゃんと考えたことってありますか?
私はなかったです(笑)


 毎日入るのが当たり前で、効果とか何とかは気にしたこともありませんでした。
気にしたほうがいいみたいですね・・・ちょっとは。


お風呂に入るとこんな効果が


 まずは『温まって疲れが取れる』効果が。


血行促進.jpg
 お湯に浸かると当然体はあたたまりますが、これは温熱作用と言われるもの。
温熱作用によって、皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。


 それにより体内の老廃物や疲労物質の除去され、コリがほぐれて疲れが取れるのです。



 また、内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあるんだそうです。
腎臓の働きもよくなって、利尿作用が働くため、老廃物が尿に混じって排出されやすくなります。
水分補給しながら入浴して、体の中の悪いものをどんどん外に出せたらいいですよね。


気合.jpg


 最近発見されたニュースでは入浴の仕方によってはヒートショックプロテイン(HSP)が生成され、
それによって細胞が活性化し、免疫力アップも期待できるという話もあります。


侮れませんよ、お風呂って!


 次に『全身の血行が良くなる』効果。
お風呂でも、水圧を受けます。
この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。


 また、腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、
空気を補うために呼吸の回数が増え心肺機能が高まります。
長湯しているうちに(はあはあ)してしまうのはノボセて来ただけじゃなかったみたいですね。
ちょっとビックリです。


 ちなみにお風呂の中で体に受ける圧力は、ウエストが3cmから6cmも細くなるほどなんだそうですよ。


 出来ればお風呂を出ても圧力を受けた状態が持続しててくれたら嬉しと思うのは私だけでしょうか?


リラックス効果は抜群!


 お風呂に浸かると『リラックス』しますよね。
お風呂に浸かっている時の体重は約9分の1程度になるんだそうです。


 長風呂派にオススメなのが【送料無料♪】バスピロー お風呂 まくら 枕 クッション『バスピロー』です。
の?んびりお風呂に浸かれそうですね。


飛ぶ.jpg
 普段体重を支えている筋肉や関節は、その重い役割から開放されますね。
そうなると緊張からくる脳への刺激が減少するんだそうです。
見えない身体の負担を軽減することになって、心も開放されてゆくそうです。


 ずっとお風呂に使っていたら【体重と言う向きあわなければいけない現実】からも
解放してもらえそうです。
 これはリラックスじゃなくて現実逃避ですね(笑)


 お風呂に入ると心身に良い作用があるのは分かりましたが、節約にも繋がるように無駄を省いていきたいもの。

 
 ちょっと心がけるだけでいいようなものはないか探してみました。


毎月請求されるガス代について・・・


ガスメーター.jpg


 その前にガス代はどう算出されるか知ってますか?


 ガス料金=基本料金(税込)+従量料金単価(税込)×使用量 ※円未満は切り捨て


 普段何気なく料金表を見たりしていると思うんですが
(都市ガスの場合)従量料金単価がチョイチョイ変わっているのご存知でした?
これは『原料費調整制度』と言われるもので都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)
LPG(液化石油ガス)の価格変動を適切にガス料金に反映させる制度。


 ガス料金は、原料の価格変動を適切に反映させるにより毎月調整を行われているんですよ。


 貿易統計にもとづく3か月の平均原料価格と、基準平均原料価格との差額を、
中2か月の間隔をおいて、次の1か月分のガス料金に反映するんだそうです。


 言い回しがややこしいのでもっと簡単に説明すると
1月から3月分にあった価格の変動分は6月分の従量料金単価に反映されるということです。


使い方次第。


 上がるばかりじゃなくて下がっていることもあるのでガス代に響くといえば響きますが一番響くのは使用量。
これを上手に抑えるのがガス代の節約に大きく影響します。


 冬になると使用量が急に増えたりしませんか?
その原因は気温の低下。こればっかりは人間の力じゃ何とも出来ませんね。
冬ですから、寒いのは当たり前。


 気温が低くなるにつれて水温も当然低くなりますので、
温水機器(小型湯沸器、給湯器)のガス使用量が増えてしまいます。
夏場よりも水温を上げて入るので必然的に使用量も増加します。


 沸かすことは仕方ないので、他でカバーできることを探しましょう。


チョットのことで差がつきます!


 お風呂のふたって使ってますか?
お風呂を沸かし、ふたをしないでそのままにしておくと2時間で約1.5℃湯温が下がるんだそうです。


風呂のカビ.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像


 湯温も下がりますが、浴室には蒸気が立ち込め、カビにとっては絶好の環境に。
これは避けたいですよね。アレルギーも心配ですけど、余分な掃除という仕事も増やしたくない。


 お湯を沸かすときと入浴後は、こまめにお風呂にふたをすることが大切です。

 

 ふたをすると放熱量が減るので、効率的にお湯を沸かすことができ、お湯も冷めにくくなります。
湯船に直接被せて断熱効果があるアルミのシートみたいなものも売ってますね。ダブル使いなら効果もダブルです。


家族の協力あってこそ!


 お風呂は家族の入浴時間に合わせて沸かし、
沸いたらすぐに続けて入るようにすると追いだきのためのエネルギーも節約できます。


入浴2.jpg
 平日はそれぞれの生活時間があるのでムリだとしても、
家族が休みの時くらいやってみるとガス代も変わってきますよ。


 やはり協力し合わないと何ともならないものですから。
子供さんが小さければ家族で一緒に入浴すると、コミュニケーションも深まり、
ガス代も節約できて一石二鳥ですね。


お風呂とシャワーどっちがトク?


 一人暮らしや少人数の家庭だとお湯をはるよりシャワーのほうが節約になるといいますが、
出しっぱなしで使っていませんか?


シャワー.jpg
 ついつい出しっぱなしにしがちなシャワーですが、
1日1分シャワーを短くするだけでも十分省エネになるんだそうです。
こまめに止めて1分短くなると、1人1日あたり12リットルも節水できます。
結構な量ですよね。



 牛乳パック12本分を無駄にダーダー流していたかと思うともったいないですよね。
12本もの牛乳を床にぶちまけたらと想像すると・・・怖いですよね。


節水.jpgのサムネイル画像
 こまめにお湯を止める習慣をつけることが大切です。


 『節水シャワーヘッド』がホームセンター等で売っています。


 シャワーを「出す」「止める」の切り替えが、
手元のスイッチを押すだけのワンタッチで操作できるので便利ですよね。




 節水機能に水圧を変える機能のついた高額な商品も出ていますので、
家族のニーズに合わせて付け替えるのも良いと思います。
(1年間節約した分で買い換えるっていうのもモチベーションアップになると思います)


 お風呂や洗面台で顔や手を洗うときに、1分間水を流していると12リットルになりますが、
これをため洗いにすれば2リットルですみ、使う水の量を10リットルも減らすことができます。


 お風呂で無駄を出さないためには『節水』にも気を配らないといけませんね。


無駄なく使いきってこその節約。


風呂掃除.jpg


 気持よくお風呂に入ったあとは残り湯を洗濯に使ったり、
風呂掃除に使ったりと無駄に流しておしまいにしてしまうのはやめましょう。


 洗濯も洗いだけにしてすすぎは真水で、
風呂掃除もざっと洗剤を落とすのに流して仕上げはシャワーでざっと流せば
清潔に無駄なく使うことが出来ます。


<<<前の記事


大丈夫!?無駄はない?『トイレの巻』




節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳