食費を節約するワザ

お財布に優しい手作りおやつにチャレンジ

 『子供に手作りのオヤツが作れるなんて、お母さんの鏡だわ』なんて思われそうですが違います(笑)


 確かに小さかった頃はできるだけ市販のお菓子を食べさせたくないなとか、
添加物が気になるかもなんて思っていたのですが・・・・・
月日は経ち、すっかり大きくなって食べ盛りになると食べる量も当然増え、食費が増えていきます。


出費 .jpg
 それに合わせて毎年食費をベースアップ出来れば何の問題もないのですが、
そうもいかないのが現実。


 財布の中で、日々のご飯の材料費の占める割合がどんどん膨れていく反面、
お菓子を買う予算がどんどん減っていくわけです。

 
 大人の私ですらおやつ(甘いもの)大好きから卒業できないままでいるのに、
小、中学生の二人の子供が「おやつ要らないよ」なんていう訳がありません。


 でも毎日お菓子とかをおやつとして買い与えていたらすごい金額に。
大人の嗜好品じゃないですけど、どうしても必要な物じゃないんだから出来るだけ削りたいものです。


 仕方がないので我が家では作ったほうが安くつくものを家で作ってます
【もちろん買った方が安い物は買っちゃいます】


おやつはお菓子だけじゃない!


のうみん.jpg
 ところで・・・おやつ=お菓子と思っていませんか?


 おやつというのはもともとは食事が1日2食の朝夕のみであった江戸時代の頃に、
農民たちが体力維持のため休憩時に取っていた間食のことで、
八つ時(午後2時頃)に食べる間食のことを指したもの。


 ちゃんとエネルギーになるものを摂っていたんですよ。




あかちゃん.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
 離乳食を卒業したくらいの赤ちゃんは栄養のほとんどを食事から取り入れるようになりますが、
胃が小さいためにあまりたくさんの食事を一度に摂ることはできません。


 そこで足りない分をおやつで補うことになりますが、
ここでいうおやつは菓子類ではなく、あくまでも食事の補佐役になるものを指します。


 今も昔も「おやつ=食事の補佐役」というのが本来のおやつの姿なんですね。
お菓子である必要はないっていうことです。


じゃぁ何がいい??


 小さいおにぎりでも、焼き芋でもいいんです。バナナなんかの買い置きしてある果物でも十分!


 食べ盛りのうちの子達は一口サイズのおにぎりを喜んで食べています。
宿題しながらでも手も汚さずに食べられますからね。スナック菓子は手が汚れる(笑)
ノートに油染みがぺったりついたりしませんか?
DSしながらスナック菓子を食べようもんなら本体も油まみれになりますよね・・・・・


 よくかんで食べるおやつだと、そんなに食べなくても満腹感を得られるので、夕飯に差し支えません


 でも、そんな正統派な『補助的食事であるおやつ』ばかりもつまらない。
甘いものだって食べたいですよね。私は食べたい、立派なオトナなんですけれど。


簡単なおうちメイドのおやつって?


 うちでよく登場するのがクッキーです。
ケーキ屋さんで買えば一人分1袋が200円くらいから。
スーパーの特売なら100円で1箱買えたりもしますが・・・・


クッキー.JPG
 家である材料で生地は簡単に作れます。
小麦粉、砂糖、バターかマーガリン、卵。
そこに家にあればチョコレートを砕いて入れたり、ナッツを乗せたり。
クッキーの上をくぼませてジャムをトッピングしても美味しいし、
生地にごまを加えても香ばしくて美味しいですよ。


 いつものスーパーで買っている金額は小麦粉と砂糖が(200円/1キロ)
バターは(400円/250g)マーガリンだと(200円/200g)卵は(150円/10個入)位です。


 私が1回で仕込む小麦粉200g量の材料費を計算してみると、
トータルで231円くらいになります。(マーガリンなら171円)


 これは2回に分けて焼ける分なので1回分は115.5円で4人家族なので一人あたりは28・875円です。


 電気代は計算していませんが、180度のオーブンで15分ほど焼けば
家族四人がお腹いっぱいになるほどのクッキーが焼けちゃいます。


クッキーを作ってみませんか?


 クッキーの材料は小麦粉200g、砂糖80g、バター又はマーガリン100g、卵1個です。
お家で食べるんですから、マーガリンでも十分だと思います。


 バターをよく練ってから砂糖を加えて、更に良く混ぜてといた卵を加えて混ぜあわせたところに、
小麦粉を入れてこねないように混ぜたら、平たく伸ばすか棒状にするかして
冷凍庫で30分ほど入れておいて切って焼くだけです。


 薄く切れば焼く時間も短くなります。
焼いたものを冷ましたら密閉できる容器に入れておけば1週間くらいは日持ちします。
(うちではそんなに残っていたことがありませんが)


 フードプロセッサーがあればクッキー生地も一度に倍量仕込んでおくことも出来ます。
粉類を容器に入れて、1センチ角くらいに切ったバターを入れてガーッと回して
バターの粒が小さくなったのを確認してから溶いた卵を入れて、
ひとまとまりになるまで様子を見ながら撹拌すれば生地の出来上がり。


 拍子抜けするくらい簡単に出来ます。
1回分ずつに分けてこの生地を冷凍しておけば、食べたい時に焼きたてのクッキーが食べられます


簡単なおうちメイドおやつ その2


 パウンドケーキも材料費だけを見れば作るほうが安く付きます


 先ほどのように計算するとプレーンな小麦粉100gの生地の場合、
パウンドケーキは全ての材料が100gずつなので(同量の材料を使用します)※卵は2個使用します
小麦粉20円、砂糖20円、バター160円、卵30円でトータルで230円。

 買ってくるショートケーキ1個より安い金額で家族4人が楽しめます。


バターケーキ.jpg パウンドケーキは粉と砂糖とバター、卵の量が同一で、
混ぜあわせれば生地は出来てしまうので難しいこともありません。
 値段は上がりますが、家にあるドライフルーツを加えると更に美味しくなります。




   こちらのお店、送料無料とかのキャンペーンの時なんかに利用するんですけど、
  結構美味しいんですよ。


   お値段もソコソコしますけど、
  【たかがホットケーキミックスでしょ?】なんて思って買ってみたら
  ビックリしますよ。


 ケーキミックスとしては割高かもしれませんけど、外で食べることを考えたらかなり経済的。


 余裕のある時に買っておいてストックしておくと、お家で極上のパンケーキが食べられます。
たまにはプチ贅沢もいいですよね??


こんなモノもどうですか??



 プリンも冷蔵庫にある卵と牛乳と砂糖で出来ちゃいますし、
おかずに使う予定のさつまいもを大学芋にすることだって出来ますよね。


 1枚だけ残って少し硬くなってしまったパンも適当なサイズにカットして
半日くらい乾燥させたものをトースターなどでカリッと焼いて、
溶かしたチョコなんかをつけたらラスクもどきの出来上がり。


 チョコの代わりににんにくを擦りつけて
薄くバターを塗ってカリッと焼けばガーリック風味のラスクが。
つまみにもなります。


 おやつを作るためにわざわざ材料を1から揃えることは不経済ですが、
あるもので作れるなら節約にも生活の潤いにもなると思います。


 何もかも締めてしまっては楽しくないですよね?ガマンガマンは嫌ですよね。


 おやつ作りに慣れてくると、コレとコレを組み合わせたらこんな物が出来るかな?
と考えるのも楽しくなってくるし、何より自分が工夫して作ったものを
家族や周りの人が喜んでくれるのって嬉しくないですか?
喜んでる事が日々頑張っている自分への励みにもなります。


『おやつ』は食べるのが楽しいだけじゃない



 私は手作りお菓子を仲の良い友達へのプレゼントなんかにもしちゃいます。
プレゼント.jpg
 そんな時は相手の好みにあわせて作ります。
(例えば抹茶が好きな人には生地に抹茶を入れたパウンドケーキにしたり、
チョコ好きな人には生地にもトッピングにもチョコを使ったクッキーにしてみたり。)



 100円ショップでもラッピンググッズは手に入るし、
ちょっとした手土産くらいならクッキングペーパーで包んで紐で結ぶだけでもいい感じになります。


 お金をかけなくても十分なコミュニケーションツールになってくれる手作りお菓子は、
私にとっては節約してお金が浮く以上の喜びみたいなものもあります。


おうちMadeのいいところ!


おてつだい.jpg
 休日に外に出かけてお金を使って遊んでくるなら、
子供も一緒におやつを作ればお金をかけなくても楽しめる遊びにもなりますよね?
調理する事を小さい頃から体験させると、もちろん食育にもなります。


 お金をかけずに楽しめて、食育までできちゃうなんて、
家で作るおやつにはもっと見直す価値があるんじゃないかと私は思うんですが。


 材料も特売で買えた小麦粉や砂糖を使えばもっと安く出来ます。
バターじゃなくてマーガリンで代用すれば半額くらいで済みます。
(今も品薄で特売にならないですからね、バターが)


 しょっちゅう作るなら業務用スーパーで材料を揃えるのも手です。
粉類がかなりお買い得で手に入れられます。


 アレがないから出来ないとか諦めないで、
自分なりのアレンジを加えて楽しくて美味しいおやつ作りを楽しんで欲しいと思います。


<<<前の記事


即効性ありです!お弁当で昼食代を浮かせましょう


次の記事>>>


いざという時の強い味方結構便利な保存食を作る



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳