食費を節約するワザ

買い方・・野菜編

野菜.jpg
 鮮度が命ですよね。


スーパーなどで売られているものは市場を通す為、
収穫日の翌日に販売されるケースが多いようです。
仕入の都合で何日か冷蔵庫で眠っているものも無いわけではなさそうです。


「道の駅」や「農協」等の『直売所』は朝とれたものが直接運ばれてくるので
新鮮さは比べ物になりません。生産者の顔が見えるという点もスーパーとは異なりますね。


フードマイレージ.jpg
フード・マイレージ って言葉をご存知ですか?


「食料の ( = food) 輸送距離 ( = mileage) 」という意味で、
食料の輸送量と輸送距離を定量的に把握することを目的とした考え方なんだそうです。



 食糧の輸送に伴い排出される二酸化炭素が、地球環境に与える負荷に着目したものです。


どうせ買うなら!


 食品の生産地と消費地が近ければフード・マイレージは小さくなり、
遠くから食料を運んでくるとフード・マイレージは大きくなります。


 その辺りも踏まえ、新鮮なものを買いたいと思うなら、なるべく住んでいる場所に近い産地のものを。
遠くの産地のものは、やはり出荷場、市場、倉庫、と時間がかかりますからね。
鮮度が落ちた上に余計な二酸化炭素を排出していては地球にも私達にも優しくないですね。


 最近スーパーの一角に『地元産野菜』を置くコーナーが設けられている所が増えてきました。
スーパーの野菜売り場の商品よりも多少安くて、ピンっと元気な顔をしています。


 葉物野菜なんかでも根っこに未だ泥がついていたり、きゅうりはぐにゃっと曲がっていたりと
決して綺麗なお野菜ではありませんが。


 売り切れるのもこちらの商品のほうが速いですね、見ていたら。
農家の方の紹介もされたりしていて、何となく安心して買うことが出来ます。


こんな方法もあります!


小包1.jpgのサムネイル画像
食材の宅配産直の宅配便を使うという手もあります。


 こちらは値段はちょっと張りますが、こだわりの有機野菜だったり変わった野菜だったりと
ちょっとこだわりのあるものが揃っています。


 送料がかかるのが難点ですが、多少高くても安全で美味しいものをと思う方にはオススメ。


 私自身詳しく説明できないので、【食材宅配体験記】を参考にしてもらうと分かりやすいと思います。


 九州野菜は有機野菜に力を入れているお店です。こだわりのある野菜を扱っています。


『生』だけじゃないです、野菜も。


 『冷凍野菜』もいろんな種類が出回っていますよね。
葉物野菜に根菜、きのこ類がミックスになったものから定番のミックスベジタブルなど。
種類も豊富で、スーパーの特売品になることも多いですよね。


 旬の野菜を加工して作られているので、年中安定した価格で買うことが出来ます。
冷凍かぼちゃに関して言えば、あの硬い物体と包丁で対峙する事なく料理に使うことが出来たり。
インゲンはポキっと先に折ってしまって、レンチンしてゴマで和えればあっという間に一品が完成。
お弁当の隙間うめにも使えるものが多くあります。


 とにかく手軽に使えるものなので、セールの時に買っておいて損はないと思います。
封を切ったらチャック付き保存袋に入れるなどして密閉してあげれば
霜だらけになることも、自家製フリーズドライ野菜になることもありません。


大丈夫ですか?無駄にしてませんか?


 新鮮な野菜をいくら安く買っても、冷蔵庫で何日も保存しておいては意味がありません。


鮮度も栄養価も落ち、忘れ去られた野菜は食べられることなくミイラになっていたり、
ドローンと食べられない発酵食品に変身していることも。経験無いですか?


 鮮度が良いまま使いたいなら3日位が限度。どんなに安くてもいっぱい買わないことです。


 食べ切るのに3日以上掛かるようであるなら、切ったりゆでたりと下ごしらえをして
ストック食材にして保存するのがオススメです。


 冷凍しておけば生のまま冷蔵庫で眠らせておくよりイイ状態が保てます。


根菜類.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
 じゃがいも、玉ねぎ、人参などの『根菜類』は、長期間保存がきくので、
『安い』に釣られて買っても大丈夫です。
保存も冷蔵庫に入れなくてもオッケーです。
  

 ただし夏の暑い時期は保存に向かないのでご注意を。


使いきれるところの良い所!


 野菜を無駄なくきちんと使い切ると野菜室もきれいです。
野菜室をキレイにしてから野菜を買い足せば、いつでも新鮮なものが食べられます。


 野菜の組み合わせに迷ったり、中途半端に残ったりしたら、味噌汁やスープにしてしまいましょう。
これをすると野菜を無駄にすることが減ってきますよ。
色々組み合わせることで、野菜からのおいしいだしも出てきます。
かんたんに栄養バランスも整えられるおまけ付きです!


 うちの野菜室は週の後半になるとほとんど何もない状態になります。
そうなると掃除をします。ほとんど空っぽの状態なので水ぶきするだけなんですが。
結構綺麗な状態をキープできています。


 子供たちは日に日にガラガラになっていく野菜室を見て【ちゃんとおかずは出てくるんだろうか】と
不安がりますが、どうにかこうにかやっています。


 この料理にはこの野菜じゃなくちゃダメという概念をふっ飛ばしてしまえば結構なんでも出来ますよ。
メニューに困ったら、『食材名 レシピ』でネット検索したら自分が作りたいもの(作れそうなもの)が
簡単に探せます。スーパーに置いてあるレシピカードも役に立ちます。


野菜を食べる.jpg
 お手頃価格で新鮮な野菜が手に入ったら、無駄なく上手に食べきりたいもんですよね。


<<<前の記事


お楽しみも忘れずに!買い方・・嗜好品編


次の記事>>>


メインディッシュもお買い得に!買い方・・肉・魚編



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳