食費を節約するワザ

買い方・・嗜好品編

 節約をする上で【不必要な物は買わない】っていうのは結構大事です。


 嗜好品は「要るもの」「要らないもの」に分けると、どちらかと言うと後者。
でも子供がいたり、自分の精神衛生を考えると『欲しいもの』ですよね。

おやつを食べる.jpg
 疲れた時の甘いもの、晩酌の一杯・・・・
これを楽しみにしている人も私だけじゃないですよね?


 嗜好品代を食費に混ぜ込んでしまうと、肝心の食費を圧迫します。


 出来れば別に予算を組み捻出したいところですが、せっかく節約をするのであれば、
食費をちょっとずつ削って食費の中で『純粋な食費』と『嗜好品費』に分けます。
  

 使える金額を先に決めてしまい、あとはその中で何とか納めていくだけです。


 それだと今までに比べたら随分使える金額も減ってしまい寂しいかもしれませんが、
【要らないものにはお金は使えない】とバッサリ仕分けてしまってはストレスを感じます。


 我慢ばかりの節約はしたくないし、それでも絞めるべき財布の紐はしっかりしておかないと。


買う場所を選びましょう!


 お菓子などはスーパーの特売や、問屋スーパーなどを利用すると定価より少し安く手に入ります。


 コンビニでお菓子を買うのは・・・問題アリです。
新製品が次々売られるので、どうしても目についたものを手に取りたくなりますが、
全て定価です。たまになら精神衛生上を良いかと思いますが、しょっちゅう行っているなら
まずその回数を減らしてみませんか?


 ついついの繰り返しが結構大きな金額になっているはずなので、ビックリしてしまいますよ。


 問屋スーパーなどでは大袋に入っていたりするので、ちゃんと小分けにして食べましょう。
ある分だけ食べてしまっては、元も子もないですし。


 子供の場合、オヤツでお腹いっぱいになってしまうと肝心のご飯が食べられません。
頑張って作ったご飯、残されたくないじゃないですか。やっぱり。


ギモン豚.jpg
 大人の場合、間違い無く違う栄養で蓄えられます。
お腹まわり、太もも周り・・・・私も身に覚え有りなのであまり大きなことは言えませんケド。


 スーパーの特売もいいんですが、ドラックストアで買うとポイントが付いたりするので、
ポイントを貯めている方はそこで買うのもオススメです。


 特にポイント倍増デーなんかを狙うと、なおイイんじゃないでしょうか?


注目したい、手作りおやつ!


 「手作りのお菓子」が安上がりになるのかどうか気になるところですが・・・・・
パンを家で焼く場合と同じように、少ししか作らないとか、やたら材料を揃えないと作れないものなら
買ってきたほうが安く付きます。


 でも家にある小麦粉や卵、砂糖やバターなんかで作れるパウンドケーキとか、
牛乳と卵と砂糖でできるプリン、さつまいもがあれば大学芋など。
ホットケーキミックスがあれば「なんちゃって◯◯ケーキ」など、色々出来ます。


おやつを食べる子ども.jpg
 そんなに手間と時間がかからないものなら家で作ると安く上がります。


お財布の見方になる??


 お母さんの手作りおやつは子供の心の栄養になると何かの本で読んだことがあり、
うちの子供達が小さい頃にはあれやこれやと作ってました。
今思えば、買ったほうが絶対に安かった、なんてモノも。


 そのせいか中学生になった今でもたまに作るオヤツを喜んで食べます。
体もすっかり大きくなって、生意気なことを平気で言ったりするんですけど、
食べてる時は可愛いまんまです(笑)


 今でも作っているのは『喜ばそう』なんて立派なお母さん的理由ではなく
【買って食べるより安くつく】というお財布事情。食べる量がハンパなくなってきてますから。
結果、子供達は喜ぶし、お財布も悲鳴を上げずに済んでいるのでヨシという感じです。


暑くなってくるとジュースも欲しいですね


 ジュースなどの飲料は、ディスカウントストアーなどで箱買いすると単価的には安く買えます。
うちはジュースを常備していないので、詳しく分かりませんが、
缶で買うよりペットボトル、1本買うより1ケースで買うほうが単価は安く上がります。
そこまでしてジュースを飲まなきゃいけないのかな?と思うんですが。


 二人いる子供達がスポーツをしているので、特に夏場は水分補給のためにスポーツドリンクが
欠かせません。うちでは粉末を買ってきて、それをボトルで溶かして持たせています。
以前ペットボトルのケース買いをしてみたところ、ゴミが増えてしまって・・・・
ペットボトルの空き容器のゴミの置き場に困ってから、粉末タイプに換えました。


 味にこだわらない子達なので、トップバリューのスポーツドリンクの粉末を。
甘いのが好きな息子は濃い目に、さっぱり味が好きな娘は少し薄めにと
自分達で好きなように溶かして飲んでいるようです。(私は表示通りが一番美味しいと思うんですが・・・)


 もちろんお客様感謝デーの5%割引でワオンカードで支払ってポイントもゲットしています。


オトナだけのお楽しみは・・・


 嗜好品には大人のためだけの「酒」「タバコ」も含まれます。
お酒はやはりディスカウントストアーや、お酒を取り扱っているドラックストアでポイントを
貰いながら買うのが安く買う方法だと思います。


ビールを飲む人.jpg
 ケースで買ったほうが単価は安く上がりますが、一回に支払う金額は大きいですよね。
ご褒美様に買う程度なら、ちょこちょこ買うほうがいいかもしれませんよ。


 あればあるだけ飲んでしまう私のように意思の弱い人なら特に。


 1日1本って強い意志を守り通せる人ならケース買いの方がお得です。
月の予算が許すのであればぜひ。


 お酒も宅配や通販が結構増えてきています。
重いものを運ぶ時間と労力の節約したいならこちらの買い方が良いかもしれないですね。


 焼酎専門店・・・下町の焼酎屋 澤屋総本店 


 日本酒なら・・・越後銘門酒会 あさびらき十一代目 源三屋


 ワインなら・・・ドラジェ 井上酒店 楽天市場店


 ビールなら・・・火の谷ビール工場  よなよなエール


 探せば探すほど出てきます・・・・誘惑だらけですね。


『買わない』という選択も!


禁煙する.jpg
 『タバコ』は私自身吸わないのでどうやって安く買うかも見当がつきませんが。
体に良いものではないから、節約って考えたらいっそのこと禁煙してしまってはどうでしょう?


 止めてしまえば値段が上がることも気にならなくなるし、
今は喫煙者が肩身の狭い思いをする時代。
 

 そんなことからも解放されるし、何より健康に!
『節約のための禁煙』1度チャレンジしてみてはどうですか?

 
 嗜好品は『食べると精神(心)にいい効果がある』そうです。


 節約してるとついつい削る方ばかり気が行ってしまって、生活を楽しむ余裕がなくなったりします。
それじゃやっぱり寂しい。


 上手に嗜好品を取り入れて、気持ちの余裕というか楽しみな部分がちゃんとあるような節約生活を送れたらいいですよね。


<<<前の記事


無駄なく無理なく!賢い買い物法


次の記事>>>


腐らせたりしません!買い方・・野菜編



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳