節約とは?

誰でも失敗なく出来るのか?

パンダ.jpg
 出来ると思います。ちゃんと。


 でもそれには必要な心構えがあります。
1つだけ。



『他人と比べない』ことです。そんなこと?と思われそうですが、結構大切なことなんです。


 雑誌とかでも定期的に『節約特集』が組まれています。
以前定期購読していた雑誌も3ケ月に1度くらいの割合でありました。
トライしてみた→上手くいかずにやめちゃった→またやってみようかな?
なんて読者のサイクルをお見通しなのかなって感じがしました。


 1年取っていると内容も目新しい物はなく、
同じような記事が間をおいて載っているだけにも見えてきました。


 毎回読みながら【うちとは給料も生活の仕方も違うじゃん、ムリムリ】という結論に。


困った顔.jpgのサムネイル画像
 無駄なこととは頭ではわかっていても、他所と自分ちを比べ、
【アレが足りん、コレが多い】とやる前からマイナス要素に苛まれ、
達成できなければ【このウチとウチは違うから】なんて言い訳で終わってしまう。



 アレ?私のことってドキッとしませんか?


 
他人を比較対象にしても、他人を猿真似しても上手くはいかないんです。
自分なりの自分ルールでやれないと。

 
 もちろん参考にするのはアリですよ。


ヒント.jpgのサムネイル画像
 そんな手もあったのかってワザを持っている人も沢山いるし。
節約に関するブログを書いてらっしゃる人のサイトなんて参考になる事だらけ。
知っておいて損する事はナイですよね、節約に関する知恵なら。


 自分の引き出しが多いほうが、色々出来たりするし。
ドラえもんのポケットみたいに必要な時に必要な知恵を取り出して使えばいいんだし。


まずは『目標の設定』を


 『他人と比べない』って自分に言い聞かせられたら、次は『目標を決める』


 もちろん高すぎる目標でなく、ちょっと手を伸ばしたら届くような目標を。


登山.jpg
 小さい目標を積み重ねていけば結果として達成できることは大きくなります。
達成できたことが増えていくのって、子供でも大人でも素直に嬉しいことですよね?
節約しているのに嬉しい気持ちをチョイチョイ増やしていけるなら
『節約=辛い』じゃなくて『節約=楽しい』になりませんか?


 『千里の道も一歩から』といいます。
どんなに大きな目標でも、まず手近なところから着実に積み重ねていけば成功しやすく、
挫折もしにくいハズ。


 節約の効果や残せた金額の云々ではなく、
節約をしようと心がけることに大きな意味があること。
色々考えて、努力していくことに直ぐに結果がついてこなくても気にしないこと。


 その気持ちを忘れずにいたら【節約に失敗した】なんて思わないと思います。


 節約でキューキューと自分を締め上げた結果、
ストレスから散財に走って、残せた金額以上に消費してしまう・・・
コレが究極の【節約に失敗した】になるんじゃないか?と私は思います。


 出来ますよ。誰にでもちゃんと。


次の記事>>>


ドコから?ドレから??何から手をつけるのか?




節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳