手作り日記帳  H24.7月から12月

バザーの季節がやって来る! その1

手縫い.jpgのサムネイル画像


 毎年秋ごろ、たしか結構冷え込み出す頃に甥っ子二人の通う幼稚園のバザーがあります。


 家での不用品や手作り品を1人何点かずつ幼稚園に提出して
それに値段がつけられて販売されるというもの。


 売上は幼稚園の備品購入とか、子ども達のために使われるとのこと。
うちの子達が通った保育園にはそんな行事がなかったので、面白そうだなぁと思ったんです。


 コレに甥っ子1号が入園した翌年から出品しています。
年子なので甥っ子2号が入園してからはずっとです。


 一年目は妹に『どんな物が売っているのか』リサーチに行ってもらいました。


 うちの子達はもう高学年だから小さい子のお母さんがどんな物を欲しがるのか
すっかり分からなくなっちゃって。
せっかく手作りしたもの売れ残ったらやだし。
売り場に自分の作ったものだけがポツーンと残ってたら・・・
なんて想像しただけで悲しくなっちゃって。


 1号の同級生の子にサンプルを渡して喜んでくれるかどうか『市場調査』をしたことも。


 あれこれ調べた上で、年中さんになってから満を持して参加しました。


女の子と男の子って・・・


 女の子のものは作りやすいんですよね。
ヘアゴムとかシュシュとか。
 ちっちゃくて可愛いものなら喜んでもらえる。


ilm11_bb04001-s (2).jpg


 でも困るのが男の子。
可愛いもんなんていらないですよね。


 家で作ってても娘は「いいんじゃない?」って言ってくれるものでも息子は「買う??」
でも女子校じゃないですから、きっと男の子を持つお母さんだってバザーには来るはず。


 なんかイイものはないかと悩んだ挙句に男子用には『マスク』を。
この辺りの小学校では給食時間にマスクは必須アイテムなんで、
(しかも100均のとかだとすぐヨレヨレになっちゃうので)
丈夫でチョット売ってるのと違うマスクは、なかなかの売れ筋商品です。


 あとはお母さん向きのシュシュとかピンとか。


 買い物に来るのは大半がお母さんだから、
安くて可愛いのがあったら自分用に欲しくならんかんな?ってところに目をつけて。


 暇を見つけて縫ったり編んだりしたものを最終型に仕上げてラッピング。
ゴムを通したりピンをつけたり、老眼が進んできたかな?ちょっとキツくなってきました。


 ラッピング、途中で嫌になっちゃうんでおやつで釣って働いてもらいます。
夏休みの長女のお手伝いでもあります。


 バザーに出してお金頂くのはどうよ?ってものは全てこの段階で娘に引き取られ、
大きいお姉ちゃんたちに貰われていきます。


054.JPGのサムネイル画像


 今年甥っ子1号は卒園して1年生に。
2号が年長さんと今年が最後の参加です。


 三年間、結構楽しかったし集大成として今年も頑張らなくちゃ。






<<<前の記事


月に一度のお楽しみ!雑誌のキットをアレコレと


次の記事>>>


年に一度の腕試し??バザーの季節がやって来る! その2



節約とは?

 

食費を節約するワザ

 

光熱費を節約するワザ

 

貯蓄に結びつく節約術

 

一人暮らしの節約術

 

母子家庭、父子家庭の節約術

 

知ってて損はナイ節約術

 

手作り日記帳